キャッシングの金利を比較するときのポイント

キャッシングを利用するときにもっとも重視する比較ポイントはやはりそれぞれの金融機関の金利がどのくらいであるかということでしょう。キャッシングの返済を容易にするのはなるべく低金利のキャッシングを利用することが鉄則ですから当たり前のことです。そして、キャッシングの金利の比較の際によく利用されるのが金利を比較したサイトだと思いますが、キャッシングの金利は一律ではなく、どの金融機関でも金利の差はかなり大きくなっています。例えば、5%?18%などというような表示です。

この金利差は主として利用限度額によって自動的に決まっていることが多く、上記の例で言えばその金融機関の利用限度額の最高額に適用される金利であっても、利用限度額が低いということになれば18%の金利が適用されるのです。特にその金融機関でのキャッシングの利用が初めてという場合にはほとんどの場合には利用限度額は少なく設定され、従って金利も上限金利になることがほとんどですから、キャッシングの利用者が考えなければならないのは金利の下限よりも、いかに上限が低いかということです。たとえ少しの違いであっても金利が返済には大きな影響がありますから、なるべく上限金利の低い金融機関から検討すべきです。