総量規制の原則について覚えておきましょう

消費者金融系のキャッシングを個人で利用する際は年収の3分の1以上の借り入れはできないことになっています。総量規制と呼ばれている原則で、無担保と無保証でキャッシングを利用する際に借り入れられる金額は年収の3分1の以下となるのです。総量規制の原則は複数の消費者金融にまたがって適用されますので注意する必要があります。

年収が180万円のアルバイトの方が消費者金融でキャッシングできるのは総量規制の原則で60万円までとなりますが、既に他の消費者金融から30万円の借り入れがある場合、違う消費者金融に申し込んだとしても30万円までを限度してしか借り入れができないことになるのです。総量規制の原則は消費者金融のキャッシングに申し込む際、最大でどれくらいまで借り入れができるのかの目安にもなります。消費者金融系のキャッシングを利用する場合には総量規制の原則について覚えておきましょう。