計画的にお金を使える人には便利なサービス

銀行のキャッシュカードは妻が持っており、

交際費等で月のお小遣いがなくなると「楽天銀行スーパーローン」でキャッシングをしておりました。

毎月5万程度借りて、負債総額は30万円になってしまいました。

これが私のキャッシングのパターンです。

→忘年会・新年会シーズンは飲み会に毎日のように参加。

→→飲みすぎで終電に乗れなかった時のビジネスホテル代、乗り過ごした帰りのタクシー代が飲み会代以上にかかってしまった。

→→→1ヶ月3万円のお小遣いが半月でなくなってしまった。

→→→→残りの飲み会もどうしても参加したい。

→→→→→どうしようもなくなりネットキャッシングでキャッシング

簡単にお金が借りれるのでついつい月のお小遣いがなくなるとキャッシングをしていまう自分がいました。

一時でも手元にお金があると不安がなくなりストレスがなくなるので「キャッシングは非常に危険」と感じてましたが、

多用してしまいました。

この負のスパイラルを抜け出すために私がとった行動は、「楽天銀行スーパーローン」のID/PWの紙を廃棄しました。

これでもうキャッシングをすることはないと思っています。

============

楽天銀行スーパーローンの申込は

楽天銀行口座があったので必要事項を記載するだけで10分程度で申込が出来ました。

楽天銀行スーパーローンに関しては返済日によって口座振替をご指定いただけない金融機関がありますが、

私は楽天銀行口座があったので27日の口座振替を設定しました。

============

お金を借りる前は住宅ローンの他に借金をすることに非常に不安がありましたが、

毎月2~3万の返済であればなんとかなるだろうとたかをくくっていました。

============

自分は「計画的にお金を使える人」はという方は本当に必要な際にキャッシングを利用しても問題ないと思っています。

私みたいな「計画的」ではないひとはキャッシングはしない方がよいと思います。

「計画的にお金を使える人」は自分の支払い能力以上の出費はしないのでキャッシングを無駄にすることはないでしょうから。

============

毎月の給与から1万5千円を返済していましたが、返済期間完了日が1年以上も先になってしまうことから

返済金額を1万5千円から3万円に変更しています。

毎月3万円の返済は給与はそれなりの額をもらっていますが、じわじわですが毎月ダメージが残ります。

キャッシングはお金が本当に必要なときに簡単にお金を借りることが出来る便利なサービスであると思います。

しかし自分の支払い能力以上のキャッシングは非常に危険であります。

私のように交際費の補填のためにキャッシングをするのも非常に危険です。

ギャンブルの補填なんて以ての外ですよ!!