キャッシング

キャッシングの本人確認で会社にばれてしまうことはない?

これからキャッシングをしようとしている方が一番不安に思うことは、職場に本人確認が入って会社にばれてしまうことがないかということです。ですが、それは実は全く心配いらないんですよ。というのも、本人確認はとても簡単なものだからです。まず、どこへ入るかと言うと、自分が在籍している部署へ直接入ります。

そのため、上司が席を外している時間帯や、気心がしれた人がいる時間帯をしていることができます。また、もちろん個人名でかかってきますので、キャッシング会社の名前でかかってくることもありません。そして、内容はいたってシンプルで、本人当てのお電話です。そして、繋がったらもちろんそこでOKですし、不在にしていたとしても、働いていることさえわかればそれで完了です。ですので、全く心配いりませんよ。

キャッシングには最初に本人確認証が必要になります

キャッシングの本人確認のための書類というのは色々とあるのですがその一つとしてあるのが運転免許ということになります。国が発行しているものですから、これはきちんと身分証として認められるものになりますからまずキャッシングをしようという時には持っていきましょう。

但し、それは最初だけということになりますので継続的にキャッシングをしようという時においては別にその都度に身分証を用意しなければならないというわけではありませんのでそこは気にしないでも大丈夫です。後は運転免許証などもよいのですが健康保険証などもよいでしょうから、運転免許証を持っていない場合はそちらは持っていくと良いでしょう。 どちらでも問題はないのです。

学生がキャッシングを利用する際の注意点

学生でも何らかの理由でお金が必要であり、キャッシングを利用したいということもあるでしょう。学生でも二十歳以上であり、安定した収入があればキャッシングを利用することができます。

安定した収入というのは、アルバイトであっても毎月収入があれば安定した収入と認定されることが多いので、学生でも問題なくキャッシングは利用できます。 ただし二十歳以上という条件は、法律上では親の同意書などがあれば キャッシングの契約を結ぶことができますが、ほとんどの金融業者は親の同意書があっても二十歳以下ではキャッシングの審査を通さない場合が多いので二十歳にならないとキャッシングを利用することはまずできないと考えた方がいいでしょう。絶対にダメだということはありませんがかなり難しいと考えた方がいいのです。

インターネットや自動契約機でのキャッシングの申し込み

最近では消費者金融のキャッシングではインターネットや自動契約機での申し込みが主流となっています。そのため、すぐにお金を借りたいというときでもわざわざ消費者金融の店舗に足を運ばずに、自宅や外出先などからスマートフォンやパソコンでいつでもキャッシングの申し込み手続きをすることができます。

即日融資を受けられるというところが消費者金融のキャッシングのウリなので、インターネットや自動契約機で申し込みをすれば本当にすぐにお金を借りることができます。消費者金融の店舗にわざわざ足を運ぶ時間を節約することができるので、それだけ早く融資を受けられるからです。これからキャッシングに初めて申し込んでみようと思ったときには、インターネットや自動契約機での手続きがとても便利です。

キャッシングの審査は誰もが不安です。

キャッシングに関しては、人それぞれ考え方も違いますし、経験がない人もたくさんいることだと思います。

わたしは、若いころ、自営業をしていましたが、なかなか売り上げが上がらず毎日お金の悩みを抱えていました。若いから見栄もありました。周りに悩みを素直に言えずにいましたから、1人で悩んで、1人で出した答えがキャッシングでした。いざ、カードを作るには、キャッシング審査があります。この事が不安で、現在お金が足りなくて、仕事も大した仕事はしていないわたしにお金なんか貸してくれるのだろうか、審査で落とされたらどうしようか、とにかく時間ギリギリまで悩みました。でも、こころを決めてカードを作る事にして、申し込みをしたら、なんてことはなくほんとに簡単なくらいカードを作る事ができたのです。周りに知られることもなく、何もないわたしですが審査大丈夫でした。

アルバイトがキャッシング等を利用できる条件について

 巷に溢れている消費者金融業者ですが、都道府県知事や財務局の登録を受けている業者であれば利用する側は安心してキャッシングを申し込みできるようになります。キャッシングですが、これは金銭を利息付で融資されるサービスであって、利用する側には一定の信用力がなければ金銭の消費貸借契約は成立しません。

 利用者ですが、主として会社員等となっています。事業所等で使用されている人であれば、サービス提供者であるサラ金業者(サラリーマン金融業者の略称であり、勤め人信用貸しという異称を持つ事が名前の由来となっています)は融資して返済が可能と判断するようです。被用者の場合、サラ金業者に対して提出する書類としては、雇用契約書及び給与明細書並びに健康保険証のコピーといった物でしょう。使用されている事で、安定的な収入が継続的に得ているのであればアルバイトでも申し込みして融資は可能となっています。

 アルバイトですが、フリーターの場合でも融資は可能とされています。フリーターですが、これは短期アルバイト等をしていたり、労働法でいう労働関係に在るアルバイト以外にも何らかの収入を得ている事はあり得ます。また、フリーターとされる人が障害が在って且つ税法上は非課税となる年金を得ているのであれば消費者金融業者は信用力が在るものとみなして融資をしてくれる可能性はあるでしょう。

キャッシングの限度額を上げるためには?

キャッシングをしたいけれども限度額により借りられなくなることがあります。

そこで知りたいのがどうすると限度額を上げることが可能なのかどうかです。

まず限度額増額ををする前にしてほしいのが、現状です。

初めて申込をした時とは違う会社に働いていたり、収入が減っているようだと増額申請をしても通らないどころか利用できなくなる可能性があります。

また、返済が遅れてしまった時があったり、他のところで金融事故を起こしていると同様に利用できなくなります。

現状が初めて利用した時よりも良い状況になっているのかどうかを今一度確かめるようにしてから検討をしてください。

そして現状が前より良かったとしても必ずしも増額されるわけではないので、その点も理解してから申込をしましょう。

総量規制の原則について覚えておきましょう

消費者金融系のキャッシングを個人で利用する際は年収の3分の1以上の借り入れはできないことになっています。総量規制と呼ばれている原則で、無担保と無保証でキャッシングを利用する際に借り入れられる金額は年収の3分1の以下となるのです。総量規制の原則は複数の消費者金融にまたがって適用されますので注意する必要があります。

年収が180万円のアルバイトの方が消費者金融でキャッシングできるのは総量規制の原則で60万円までとなりますが、既に他の消費者金融から30万円の借り入れがある場合、違う消費者金融に申し込んだとしても30万円までを限度してしか借り入れができないことになるのです。総量規制の原則は消費者金融のキャッシングに申し込む際、最大でどれくらいまで借り入れができるのかの目安にもなります。消費者金融系のキャッシングを利用する場合には総量規制の原則について覚えておきましょう。

キャッシングの返済の計画を考える

キャッシングでお金を借りた時にはまずは返済のことを考えるべきでしょう。借りること自体はそんなに悪いわけではなく、キチンとサービスとして提供されているわけですから、それはまったく問題ないことではあるのですが、問題となることとしてはキチンと返すことができるのか、という一点になることでしょう。そこだけはかなり注意しておくべきです。まず、返済の方法が二つあることをよく理解しておきましょう。それが約定返済であり、もう一つが随時返済になります。約定返済とは毎月の返済のことです。利息に加えて元本を減らすことができます。

まず、当然ながら利息のほうが優先されることになります。約定返済ではそこまで元本が減ることがありませんから、より効率的に、がっつりと借りたお金を減らすのであれば随時返済を積極的にやっていくことです。キャッシングで借りた時に考えることがこの随時返済を如何に多くやっていくことができるのか、ということです。それができるようになりますと利息をかなり削減できます。無駄に利息を支払うことなく、返済ができるようになります。返済計画とはつまるところ、如何に早く随時返済をしていくことができるのか、という一点に尽きるわけです。

初めての方向けのキャッシング講座

初めてお金を借りる方に、借入の条件と、消費者金融と銀行カードローンのどちらがいいかお教えします。

まずお金を借りられるのは、年齢が満20歳以上で、毎月安定した収入があることです。収入は多いに越したことはありませんが、5万円ほどでも十分審査に通ります。なお年金は法的には収入にあたりますが、金融機関によっては認められないことが注意点です。さらに学生も金融機関によっては申込めず、収入が多いのならフリーターで申込みましょう。なお専業主婦の方は、銀行カードローンのみ申込めます。

一般的に銀行カードローンの方が審査が厳しい代わりに、金利が低いという特徴があります。また銀行カードローンは総量規制の対象外なので、巨額の融資が期待できます。なおいずれにせよ初めての申込では、50万円までとなることが多いです。また50万円までなら、本人確認書類1点だけで申込めます。

では消費者金融か銀行カードローンのどちらがいいかを解説します。大手消費者金融では契約の翌日から30日以内に全額返済すれば、無利息で借入できるというサービスがあります。ですから借入が数万円で次の給料日に一括返済できるなら、大手消費者金融がオススメです。しかし10万円借りてこつこつ返済しても、年間の利息の差は3000円ほどです。この程度の差なら、審査が甘めで即日振込融資が可能な大手消費者金融の方が借りやすいでしょう。

一方公務員や有名企業にお勤めで、長くカードローンと付き合う気なら、銀行カードローンがオススメです。中には年13%を切る金利のところもあり、きちんと返済していると限度額も大きくなります。ですから審査に自信のある方は、長い目でみれば低金利で巨額の融資が期待できる銀行カードローンがオススメです。