カードローン

楽天が運営しているカードローン

楽天ローンは、あの有名な楽天市場を運営している楽天が運営しているカードローンの事です。

申し込み資格としては、満20歳以上60歳未満の安定した収入のある人です。

つまり、主婦やパート、アルバイトにも申し込みが可能です。

収入はそれほど高くなくても審査は通りますが、安定収入がないと審査通過は難しくなります。

また特に申し込みには楽天銀行の口座は必要ありません。

他社借入状況も審査には関係します。

また、在籍確認は必須であり勤務先に電話がかかってきます。

しかし、会社への電話は個人名での確認なので特にローンでお金を借りようとしているとバレる心配はいりません。

ただ、楽天ローンは大手キャッシング会社に比べて融資までの時間はかかると思ってください。

即日融資には対応していませんので、注意しましょう。

自動車購入のためカードローンを組みました

私は自動車購入のためカードローンを組みました。そのカードの独自のロードサービスなどがあったり、ポイントがついたり魅力的な部分はたくさんありますが、できるだけ利率をさげたい方は銀行ローンをおすすめします。

カードローンと違って審査が少し厳しい印象がありますが、自分が普段使っている銀行(給与振込先銀行など)や自分が住んでいる地方銀行などは店舗に直接相談もいけるので安心ですし、低金利のところが多い印象です。自動車ではなくてもお金を借りる場面はほかにもたくさんあると思いますが、利率はできるだけ低いところで借りられるのが一番ですので、ネットで検索すればたくさんカードローン・銀行ローン情報がでています。面倒くさがらずに自分に合った条件で借りられる最適なローンを選びましょう。

カードローンの有利な点

大手金融業者や銀行が提携しているカードローンの最大の特徴といえば、なんといっても土日を含んだいつでも引き出し可能な点です。中小金融業者の場合だと直接銀行口座内で振り込みや返済を行いますので銀行の営業日・時間外だといざというときに融資してもらえないわけですが、カードローンの場合は提携しているATMが設置されているコンビニでも作業ができますので本当にいつでも必要な時にお金を調達できるわけです。

それにカードローンの提供事業者はおおむね大型業者の場合がほとんどですので、融資可能額も大きめであることが多く、一時的なお金以外にも対応できるという点や、引き出しだけでなく返済も銀行の営業日に左右されないというところも魅力ですね。

初めての方向けのキャッシング講座

初めてお金を借りる方に、借入の条件と、消費者金融と銀行カードローンのどちらがいいかお教えします。

まずお金を借りられるのは、年齢が満20歳以上で、毎月安定した収入があることです。収入は多いに越したことはありませんが、5万円ほどでも十分審査に通ります。なお年金は法的には収入にあたりますが、金融機関によっては認められないことが注意点です。さらに学生も金融機関によっては申込めず、収入が多いのならフリーターで申込みましょう。なお専業主婦の方は、銀行カードローンのみ申込めます。

一般的に銀行カードローンの方が審査が厳しい代わりに、金利が低いという特徴があります。また銀行カードローンは総量規制の対象外なので、巨額の融資が期待できます。なおいずれにせよ初めての申込では、50万円までとなることが多いです。また50万円までなら、本人確認書類1点だけで申込めます。

では消費者金融か銀行カードローンのどちらがいいかを解説します。大手消費者金融では契約の翌日から30日以内に全額返済すれば、無利息で借入できるというサービスがあります。ですから借入が数万円で次の給料日に一括返済できるなら、大手消費者金融がオススメです。しかし10万円借りてこつこつ返済しても、年間の利息の差は3000円ほどです。この程度の差なら、審査が甘めで即日振込融資が可能な大手消費者金融の方が借りやすいでしょう。

一方公務員や有名企業にお勤めで、長くカードローンと付き合う気なら、銀行カードローンがオススメです。中には年13%を切る金利のところもあり、きちんと返済していると限度額も大きくなります。ですから審査に自信のある方は、長い目でみれば低金利で巨額の融資が期待できる銀行カードローンがオススメです。

カードローンの変更届は速やかに提出するべし!

カードローンを契約する際、氏名・住所・電話番号だけでなく、勤務先の情報として会社名・住所・電話番号・所属部署も申告しています。しかし、引越しや転職、勤務地の変更が生じた際、速やかに契約情報の変更を行う必要があります。この点については、多くのカードローンにおいて取引規定に条項が設けられており、変更届を行う義務が契約者にあります。

しかし、『時間が無い』、『めんどくさい』、『纏めて変更届をする』などといった行為は、信用度を損なう行為になってしまいます。そして、注意しなければならないのが契約の更新です。この際に、登録情報と最新の情報に相違があった場合、最悪の場合はカードローンの利用停止に繋がります。例え、契約更新は出来たとしても信用度が低下するため、増額申請を行う際に審査評価がマイナスされてしまいます。そもそも、何故このような事態が発覚するかというと、個人信用情報には勤務先情報も登録されており、契約更新の際に再度情報の照会を行った際に、クレジットカード会社や携帯会社が登録した最新情報が登録されるケースが多くあります。そのため、カードローンの契約を行った際と申請情報が変更になった際は、遅くとも契約更新の前までに変更届を行う必要があります。