プロミスで借りる時はATMより振込の方がいい!

申し込みをしてから最短1時間でお金を借りる事が出来るプロミスを利用する人も多いでしょう。しかし実際にお金を借りる時に振込かATMのどちらが良いのか迷ってしまう人も少なくないでしょう。そこでどちらの方法で借りた方がいいのか見ていきましょう。

プロミスはは自社ATMとコンビニATMを使う事が出来ます。自社ATMは手数料が無料ではありますが、設置台数が少ないので出向くのに手間がかかってしまう事が多いです。

またコンビニATMはどこにでもありますが、手数料が1回利用するごとに108円から216円かかってしまいます。しかし振込の場合は手数料が無料でしかも最短10秒で借りれます。それぞれの特徴を見てみるとATMより振込で借りたほうがいいでしょう。

専業主婦の借り入れの規制に関して

以前は専業主婦の借り入れは、夫の名義で借りて問題なかったのですが以前専業主婦の奥さんがギャンブルやショッピングなどを沢山して借り入れをして夫がそれを把握していないと言った事件がありました。

夫もいきなり返済の連絡が来て驚いていたのですが、そう言った状況にならない様にまずは夫の方にも一方が入り保証人などでサインなしでは借り入れが出来ない状況にしています。当然専業主婦の収入源は夫の収入のみであり、そこを踏まえて考えると夫からの返済を求めるのも仕方の無い状況と言えます。勝手に借り入れが行われるとなんとも問題ですが、現状ではそう言ったトラブルにならない様に夫の許可が必要となりお金の借り入れが行われています。

キャッシングには最初に本人確認証が必要になります

キャッシングの本人確認のための書類というのは色々とあるのですがその一つとしてあるのが運転免許ということになります。国が発行しているものですから、これはきちんと身分証として認められるものになりますからまずキャッシングをしようという時には持っていきましょう。

但し、それは最初だけということになりますので継続的にキャッシングをしようという時においては別にその都度に身分証を用意しなければならないというわけではありませんのでそこは気にしないでも大丈夫です。後は運転免許証などもよいのですが健康保険証などもよいでしょうから、運転免許証を持っていない場合はそちらは持っていくと良いでしょう。 どちらでも問題はないのです。

利用限度額をアップできる増額申込

利用限度額一杯まで利用してしまった場合でも増額申込をすることで、利用限度額を上げてもらうことができます。その結果、新たにお金の融資を受ける事ができるようになるので、お金に困った状況が発生した時、素早くお金を借りる事ができます。多くのキャッシングでは、増額申込を実施しており、お金に困っている状況を回避できるようにしています。

しかし必ずしも増額申込を完了することができる訳ではなく、以前よりも年収がアップしていたり、返済実績を着実に積み重ねている方に限ります。増額申込をすることで、残念な結果になることも十分にあります。そのような状況を発生させない為にも万全の準備を実施してから増額申込をすることが求められてきます。

アイフルのブライダルローンの詳細とは

アイフルではフリーローンの他に目的ローンの取り扱いも行っており、初めての利用者でもお得に結婚費用を融資してもらえるローンとしてブライダルローンがあります。同ローンの詳細解説していきます。

まずは貸付条件ですが、融資限度額は最高で100万円まで実質年率は13.0%から17.0%(2018年7月13日時点)となっています。ブライダルローンを利用した借りたお金は結婚式費用や披露宴費用して利用できる他、婚姻時にかかる諸費用に充てることも可能で、契約の際には資金使途証明書を提出する義務があります。

なおブライダルローンはインターネットからの申し込みには対応しておらず、来店して申し込みする必要がある点に要注意です。

楽天が運営しているカードローン

楽天ローンは、あの有名な楽天市場を運営している楽天が運営しているカードローンの事です。

申し込み資格としては、満20歳以上60歳未満の安定した収入のある人です。

つまり、主婦やパート、アルバイトにも申し込みが可能です。

収入はそれほど高くなくても審査は通りますが、安定収入がないと審査通過は難しくなります。

また特に申し込みには楽天銀行の口座は必要ありません。

他社借入状況も審査には関係します。

また、在籍確認は必須であり勤務先に電話がかかってきます。

しかし、会社への電話は個人名での確認なので特にローンでお金を借りようとしているとバレる心配はいりません。

ただ、楽天ローンは大手キャッシング会社に比べて融資までの時間はかかると思ってください。

即日融資には対応していませんので、注意しましょう。

無利息で借りられるからお世話になってます!

社会人になって数年がたちました。一人暮らしなので結構切り詰めて生活してます。でも友達との遊びやファッションにもある程度お金をかけたいところです。そんな私にとって最近苦しく感じるのが「友人や知人の結婚」です。結婚式や披露宴、それから2次会と招待してもらえるのは嬉しい話です。でも参加するからには何かしらのご祝儀が必要になります。

例えば披露宴に参加するのなら数万円は包まないといけません。それから服装も相応のコーディネートとなると万単位になることもあります。するとどうしても次の給料日までにお金が尽きてしまうことがありました。最初は食費を極限にまで切り詰めていました。でもカードローンの無利息サービスを使えば30日間は利息ゼロでお金を貸してくれることを知りました。それ以降は急な出費の時はいつもお世話になっています。

すぐ借りれない事もあるの?土日に消費者金融で即日融資を受ける時の注意点は?

消費者金融は即日融資を受ける事が出来ますが、土日に対応してもらう場合は注意したい点があるのでしっかり把握しておく必要があります。そこでどのような点に注意すればいいのか見ていく事にしましょう。

消費者金融で即日融資を受ける時に振込キャッシングを利用する人も多いですが、指定する口座によっては土日に振込してもらう事が出来ない場合もあります。365日24時間いつでも振込可能なネット銀行の口座を指定しておかないと土日に即日融資を受ける事が出来なくなる可能性もあるので注意しましょう。また消費者金融は審査で在籍確認が行われますが、基本的に勤務先に電話をかけておこないます。土日は職場が休みなので電話をかけても出ないと在籍確認が取れなくなります。それで土日は即日融資を受けられない可能性もあるので在籍確認を取れるようにしておきましょう。

学生がキャッシングを利用する際の注意点

学生でも何らかの理由でお金が必要であり、キャッシングを利用したいということもあるでしょう。学生でも二十歳以上であり、安定した収入があればキャッシングを利用することができます。

安定した収入というのは、アルバイトであっても毎月収入があれば安定した収入と認定されることが多いので、学生でも問題なくキャッシングは利用できます。 ただし二十歳以上という条件は、法律上では親の同意書などがあれば キャッシングの契約を結ぶことができますが、ほとんどの金融業者は親の同意書があっても二十歳以下ではキャッシングの審査を通さない場合が多いので二十歳にならないとキャッシングを利用することはまずできないと考えた方がいいでしょう。絶対にダメだということはありませんがかなり難しいと考えた方がいいのです。

銀行系カードローンの主な特徴について

カードローンといっても主に「消費者金融系の会社」と「銀行系の会社」の大きく2つの種類があります。消費者金融系は主にアコムやアイフルなどが代表になるかと思いますが、結局のところ会社の母体は銀行になるのですが、名を変えて貸し出しを専門にしている会社がそれにあたります。銀行系に関しては呼んで字のごとく銀行そのものが提供しているカードローンになります。2つを比較して何が違うかというと、貸し出しの限度額に違いがあります。消費者金融系は法律(総量規制法)により年収の3分の1以上は借り入れができないよいうなっており、銀行系はこの法律の対象外になる為、それ以上の借り入れが可能になります。ただ制限はないものの限度額の設定はいずれにせよ銀行側が決めるので必ずしも希望する額の融資額を提示されるわけではありません。ただ、制限がないので年収の3分の1以上の借り入れを希望する方は銀行系に申し込むことになります。

その他の違いとして、比較的金利が銀行系の方が低く設定されております。金利が低いので当然同じ額を借り入れをしても返す額は少なくなるので銀行系の方がお得になります。ただ、審査に関しては消費者金融系よりもやや厳しめといわれているのでその点は注意が必要となります。