手軽に契約できる銀行系消費者金融「モビット」

「モビット」をご存知でしょうか。

「モビット」は、銀行系消費者金融会社です、正式な会社名は、「株式会社SMBCモビット」となります。このモビットでは、契約をする際に、公式のウェブサイト上で申し込むと、30分程度で審査をしてもらうことができます。

また、申し込みの際は、ウェブサイトだけではなく、無人契約機「すぐモビ」を利用することも可能です。モビットの「すぐモビ」は、私鉄駅構内・繁華街などに多数設置されているため、大きな都市では比較的簡単に見つけることができます。さらに、電話で申し込みをすることも可能となっています。

消費者金融の利用に興味があれば、ぜひ、「モビット」の公式サイトや、無人契約機を利用してみてはいかがでしょうか。

まっとうな消費者金融か簡単に見分ける方法

先日大阪梅田の地下街をぶらぶらしていたら、名前も聞いたことのない消費者金融があちこちで店を構えているのを発見しました。さすがナニワ金融道の大阪だなあと感心しましたが、あんなに人通りの多い中でお店に入っていく勇気は私にはありません。まあお金が必要ならそんなことを気にしていられないのかもしれませんね。

知らない人がこの手のお店を見たらまっとうな消費者金融かどうかは分かりませんが、表の看板には日本貸金業協会に加入していると書かれていました。嘘を書いてある可能性も否定できませんが、とりあえずは安心です。どうしても分からない場合、金利を聞けば確認できます。借り入れ10万円未満なら年20%、10万円以上100万円未満なら年18%が上限だと覚えておけば大丈夫です。

カードローンの有利な点

大手金融業者や銀行が提携しているカードローンの最大の特徴といえば、なんといっても土日を含んだいつでも引き出し可能な点です。中小金融業者の場合だと直接銀行口座内で振り込みや返済を行いますので銀行の営業日・時間外だといざというときに融資してもらえないわけですが、カードローンの場合は提携しているATMが設置されているコンビニでも作業ができますので本当にいつでも必要な時にお金を調達できるわけです。

それにカードローンの提供事業者はおおむね大型業者の場合がほとんどですので、融資可能額も大きめであることが多く、一時的なお金以外にも対応できるという点や、引き出しだけでなく返済も銀行の営業日に左右されないというところも魅力ですね。

キャッシングの返済の計画を考える

キャッシングでお金を借りた時にはまずは返済のことを考えるべきでしょう。借りること自体はそんなに悪いわけではなく、キチンとサービスとして提供されているわけですから、それはまったく問題ないことではあるのですが、問題となることとしてはキチンと返すことができるのか、という一点になることでしょう。そこだけはかなり注意しておくべきです。まず、返済の方法が二つあることをよく理解しておきましょう。それが約定返済であり、もう一つが随時返済になります。約定返済とは毎月の返済のことです。利息に加えて元本を減らすことができます。

まず、当然ながら利息のほうが優先されることになります。約定返済ではそこまで元本が減ることがありませんから、より効率的に、がっつりと借りたお金を減らすのであれば随時返済を積極的にやっていくことです。キャッシングで借りた時に考えることがこの随時返済を如何に多くやっていくことができるのか、ということです。それができるようになりますと利息をかなり削減できます。無駄に利息を支払うことなく、返済ができるようになります。返済計画とはつまるところ、如何に早く随時返済をしていくことができるのか、という一点に尽きるわけです。

初めての方向けのキャッシング講座

初めてお金を借りる方に、借入の条件と、消費者金融と銀行カードローンのどちらがいいかお教えします。

まずお金を借りられるのは、年齢が満20歳以上で、毎月安定した収入があることです。収入は多いに越したことはありませんが、5万円ほどでも十分審査に通ります。なお年金は法的には収入にあたりますが、金融機関によっては認められないことが注意点です。さらに学生も金融機関によっては申込めず、収入が多いのならフリーターで申込みましょう。なお専業主婦の方は、銀行カードローンのみ申込めます。

一般的に銀行カードローンの方が審査が厳しい代わりに、金利が低いという特徴があります。また銀行カードローンは総量規制の対象外なので、巨額の融資が期待できます。なおいずれにせよ初めての申込では、50万円までとなることが多いです。また50万円までなら、本人確認書類1点だけで申込めます。

では消費者金融か銀行カードローンのどちらがいいかを解説します。大手消費者金融では契約の翌日から30日以内に全額返済すれば、無利息で借入できるというサービスがあります。ですから借入が数万円で次の給料日に一括返済できるなら、大手消費者金融がオススメです。しかし10万円借りてこつこつ返済しても、年間の利息の差は3000円ほどです。この程度の差なら、審査が甘めで即日振込融資が可能な大手消費者金融の方が借りやすいでしょう。

一方公務員や有名企業にお勤めで、長くカードローンと付き合う気なら、銀行カードローンがオススメです。中には年13%を切る金利のところもあり、きちんと返済していると限度額も大きくなります。ですから審査に自信のある方は、長い目でみれば低金利で巨額の融資が期待できる銀行カードローンがオススメです。

キャッシングの金利を比較するときのポイント

キャッシングを利用するときにもっとも重視する比較ポイントはやはりそれぞれの金融機関の金利がどのくらいであるかということでしょう。キャッシングの返済を容易にするのはなるべく低金利のキャッシングを利用することが鉄則ですから当たり前のことです。そして、キャッシングの金利の比較の際によく利用されるのが金利を比較したサイトだと思いますが、キャッシングの金利は一律ではなく、どの金融機関でも金利の差はかなり大きくなっています。例えば、5%?18%などというような表示です。

この金利差は主として利用限度額によって自動的に決まっていることが多く、上記の例で言えばその金融機関の利用限度額の最高額に適用される金利であっても、利用限度額が低いということになれば18%の金利が適用されるのです。特にその金融機関でのキャッシングの利用が初めてという場合にはほとんどの場合には利用限度額は少なく設定され、従って金利も上限金利になることがほとんどですから、キャッシングの利用者が考えなければならないのは金利の下限よりも、いかに上限が低いかということです。たとえ少しの違いであっても金利が返済には大きな影響がありますから、なるべく上限金利の低い金融機関から検討すべきです。

24時間いつでも利用する事ができるモビットという業者

モビットという会社は、金融業界では非常に有名です。大手の賃金業者の1つだからです。

ところでこの賃金業者には、時間帯に関する大きなメリットがあります。なぜなら、非常に幅広い時間帯で利用する事ができるからです。

モビットとしては、24時間という点を大きくアピールしています。実際、その通りなのです。

この業者ですと、様々なATM機器などで手続きを行う事ができます。コンビニなどに足を運びますと、ほぼ確実にATM機器が設置されているでしょう。あれを用いて、手続きを行う事が可能なのです。もちろんコンビニなので、24時間いつでも手続きを行う事ができます。

ところで一部の賃金業者では、それが不可能な事もあるのです。中小規模の業者などでは、かなり利用時間が限られてしまう事もあります。夜中の3時などでは利用する事は困難で、あくまでも昼間の時間帯に限定される業者も、数多く見られます。それでは普段の仕事が忙しいサラリーマンの方々にとっては、少し困るでしょう。

しかしモビットの場合は上記のような時間で利用できますから、忙しいサラリーマンでも特に問題は無いですね。その時間帯の広さは、やはりモビットの大きな魅力の1つと言えます。ですのでサラリーマンの方々は、モビットを利用する事は多いですね。

キャッシングにおける審査対策について

消費者金融のキャッシングを利用したい場合で、審査を行うことになりますが、収入面などによって審査に落ちてしまわないのか心配になっている方も少なくないようです。審査に落ちてしまう理由は様々ですが、原因を知ることが非常に重要になるでしょう。審査に落ちてしまう理由の1つに、複数の金融機関を利用して借り入れをしているケースがあります2つの金融機関位から問題になる事はあまりないですが、それ以上になると審査でマイナスになってしまうこともあるので注意する必要があります。

このような場合の解決策としては、複数の金融機関の借金を1つにまとめて返済すると言うことです。このような返済方法をおまとめローンと呼びますが、返済で困っている場合は検討してみてはいかがでしょうか。また商社金融を利用する場合は総量規制により借り入れができる金額が年収の3分の1以内と定められています。借り入れをしている業者が少ない場合でも、借金の総額が3分の1に達している場合は借り入れを行うことができません。このような理由で審査に落ちてしまう場合があるので、返済等を怠らないように注意しながら利用するようにしましょう。消費者金融との信頼関係をしっかりと築きあげることで、将来的な利用が可能になります。

専業主婦のキャッシング方法について

専業主婦は基本的に収入がないのでキャッシングする方法も限定されてしまいます。そこで専業主婦のキャッシング方法について見ていく事にしましょう。

・専業主婦で配偶者に内緒で利用したい場合は楽天銀行スーパーローンがオススメ

専業主婦は収入がないので総量規制の対象外になっている銀行カードローンを利用する事になります。銀行カードローンの中で専業主婦が利用する事が出来るのはみずほ銀行カードローン、三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック、楽天銀行スーパーローンなどがあります。しかしみずほ銀行カードローンや三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックは申込手続きをする時に来店する場合もあるので配偶者にバレてしまう可能性があります。専業主婦が配偶者に内緒でお金を借りるにはネットで申込手続きが完結する楽天銀行スーパーローンを利用するのがオススメです。

・専業主婦で配偶者に同意を得られた場合は配偶者貸付可能な消費者金融を利用する事が出来る

消費者金融は総量規制の対象になっているので基本的に専業主婦が利用する事は出来ませんが、配偶者の収入を夫婦の収入にする配偶者貸付が可能な消費者金融でお金を借りる事が出来ます。即日融資を受ける事が出来るのですぐお金を借りる事が出来るメリットがありますが、配偶者貸付が可能な消費者金融は中小の業者になってしまうのでお金を借りるときは注意が必要です。

カードローンの変更届は速やかに提出するべし!

カードローンを契約する際、氏名・住所・電話番号だけでなく、勤務先の情報として会社名・住所・電話番号・所属部署も申告しています。しかし、引越しや転職、勤務地の変更が生じた際、速やかに契約情報の変更を行う必要があります。この点については、多くのカードローンにおいて取引規定に条項が設けられており、変更届を行う義務が契約者にあります。

しかし、『時間が無い』、『めんどくさい』、『纏めて変更届をする』などといった行為は、信用度を損なう行為になってしまいます。そして、注意しなければならないのが契約の更新です。この際に、登録情報と最新の情報に相違があった場合、最悪の場合はカードローンの利用停止に繋がります。例え、契約更新は出来たとしても信用度が低下するため、増額申請を行う際に審査評価がマイナスされてしまいます。そもそも、何故このような事態が発覚するかというと、個人信用情報には勤務先情報も登録されており、契約更新の際に再度情報の照会を行った際に、クレジットカード会社や携帯会社が登録した最新情報が登録されるケースが多くあります。そのため、カードローンの契約を行った際と申請情報が変更になった際は、遅くとも契約更新の前までに変更届を行う必要があります。