キャッシング審査って難しいの?

どうしても現金が必要になったときに便利なのが、キャッシングです。キャッシングを始めて申し込むときに気になるのは、その審査に通るかどうかではないでしょうか。キャッシングといっても、いろいろなタイプのものがあります。クレジットカードや銀行系のキャッシングカードは、比較的審査が難しいといわれますが、消費者金融系のキャッシングカードなら、審査に通りやすいといいます。

もちろん、審査に通りやすいキャッシングは、利息が高くなるなどのデメリットもありますので、きちんと返済方法を計画してから利用したいですね。ともかく、キャッシングの限度額にもよりますが、審査に通りやすいところもありますので、まずは申し込んでみてはどうでしょうか。

キャッシング時の利息は安い方が良い

キャッシングやカードローンを利用するとなるとやっぱり一番気になるのは利子がいくら位になるのかという事だと思います。

私は自分自身が美容関連品を購入するのに色々なローン会社を比較しましたが、やっぱり銀行系や信用金庫などの利子が一番安いんだという事を実感しました。

銀行系のローンは審査が厳しいという声もありますが、高給取りではない自分でも審査に通る事が出来たので、最低限度の収入が得られていて、他者ローンやクレジットカードの支払い遅延などが無ければ問題はありません。

キャッシングの金額が大きくなればなるほど利子の負担は並々ではありません。急いでお金が必要だからとか、審査に通りやすい方が良いからとかの理由で吟味せずにキャッシングを決めるよりは、ある程度時間に余裕を持ち、色々な会社でなるべく利子が安いところから吟味していくのがキャッシングの返済に困らないようにする為の第一歩だと思います。

どの方法でキャッシングの申し込みをすればいい?アコムの申込方法の選び方

アコムは大手の消費者金融で即日融資を受ける事が出来るので早くお金を借りたい人がよく利用しています。それで店頭窓口、無人契約機のむじんくん、ネットなどで申し込む事が出来ますが、どの方法がいいのか分からない人も少なくないでしょう。そこでアコムの申込方法はどのように選べばいいのか見ていく事にしましょう。

・融資スピードを重視する時はむじんくん

アコムはどの方法で申し込みをしても即日融資を受ける事が可能です。しかし申込方法によって融資スピードが異なってきます。店頭窓口やネットで申し込みをすると融資可能になるまで2~3時間かかってしまう事があります。しかしむじんくんで申し込みをすると契約完了後にその場でキャッシングカードが発行されるのでその後すぐに閉設されているATMでお金を借りる事が出来ます。申し込みをしてから約1時間でお金を借りる事が出来るので融資スピードを重視する時はむじんくんがオススメです。

・来店したくない時はネット

店頭窓口やむじんくんで申し込みをする時は来店しなければいけません。しかし来店するのは面倒でしたくない時はネットで申し込みをするのがオススメです。アコムは申し込みから借り入れまでの手続きをWEB完結で出来るのでネットで申し込みをすると来店不要になります。

モビットを利用するのに向いている人は?

モビットは大手の消費者金融ですが、アコムやプロミスのように無利息サービスがないので初めて利用する人でも最初の借り入れから利息が加算されていきます。金利が高く設定されているので初回から利息が加算されていくと負担になってしまうのでデメリットに感じてしまう人もいます。しかしモビットを利用した方が都合が良くなるという人も少なからずいます。そこでモビットはどのような人が利用するのが向いているのか見ていく事にしましょう。

・スマホで申込手続きをしたい人

モビットは全国各地に設置されている自動契約機で申込手続きをする事も可能ですが、WEB完結申込を利用する事も可能なのでスマホで申込手続きしたい人が利用するのに向いています。住んでいる場所の周辺に自動契約機が設置されていない人はスマホで申し込む事が多いのでモビットを選ぶ事が多いです。

・職場に在籍確認の電話をかけてほしくない人

大手の消費者金融は職場に電話をかけて在籍確認を行うのが基本ですが、モビットはWEB完結申込を利用して申込手続きを行うと職場に電話がかかってくる事がなくなります。在籍確認は電話以外の方法で行われるので職場に在籍確認の電話をかけてほしくない人はモビットを利用するのに向いています。

総量規制と借り入れできる上限とは

総量規制とは、個人がお金を借りる際の上限金額として、年収の3分の1までと定められた法律上のルールです。そのため、現在のキャッシングやカードローンの利用では、原則として借り入れできる上限は、年収の3分の1までとなります。

例えば、年収300万円の方であれば、個人で借り入れできる融資金額の上限は、総額100万円までとなります。年収500万円の方であれば、利用出来る融資金額の上限は、総額166万円までです。また総量規制では、借り入れ金額に対してのみ、年収の3分の1までと定められていますので、原則として借入件数は関係がありません。

極端な例ですが、1社で100万円の融資を受けても、10社から10万円ずつで合計100万円の融資を受けたとしても、借入件数ではなく、借入総額で年収の3分の1を超えているかどうかを判断します。