モビットを利用するのに向いている人は?

モビットは大手の消費者金融ですが、アコムやプロミスのように無利息サービスがないので初めて利用する人でも最初の借り入れから利息が加算されていきます。金利が高く設定されているので初回から利息が加算されていくと負担になってしまうのでデメリットに感じてしまう人もいます。しかしモビットを利用した方が都合が良くなるという人も少なからずいます。そこでモビットはどのような人が利用するのが向いているのか見ていく事にしましょう。

・スマホで申込手続きをしたい人

モビットは全国各地に設置されている自動契約機で申込手続きをする事も可能ですが、WEB完結申込を利用する事も可能なのでスマホで申込手続きしたい人が利用するのに向いています。住んでいる場所の周辺に自動契約機が設置されていない人はスマホで申し込む事が多いのでモビットを選ぶ事が多いです。

・職場に在籍確認の電話をかけてほしくない人

大手の消費者金融は職場に電話をかけて在籍確認を行うのが基本ですが、モビットはWEB完結申込を利用して申込手続きを行うと職場に電話がかかってくる事がなくなります。在籍確認は電話以外の方法で行われるので職場に在籍確認の電話をかけてほしくない人はモビットを利用するのに向いています。

総量規制と借り入れできる上限とは

総量規制とは、個人がお金を借りる際の上限金額として、年収の3分の1までと定められた法律上のルールです。そのため、現在のキャッシングやカードローンの利用では、原則として借り入れできる上限は、年収の3分の1までとなります。

例えば、年収300万円の方であれば、個人で借り入れできる融資金額の上限は、総額100万円までとなります。年収500万円の方であれば、利用出来る融資金額の上限は、総額166万円までです。また総量規制では、借り入れ金額に対してのみ、年収の3分の1までと定められていますので、原則として借入件数は関係がありません。

極端な例ですが、1社で100万円の融資を受けても、10社から10万円ずつで合計100万円の融資を受けたとしても、借入件数ではなく、借入総額で年収の3分の1を超えているかどうかを判断します。