学生がキャッシングを利用する際の注意点

学生でも何らかの理由でお金が必要であり、キャッシングを利用したいということもあるでしょう。学生でも二十歳以上であり、安定した収入があればキャッシングを利用することができます。

安定した収入というのは、アルバイトであっても毎月収入があれば安定した収入と認定されることが多いので、学生でも問題なくキャッシングは利用できます。 ただし二十歳以上という条件は、法律上では親の同意書などがあれば キャッシングの契約を結ぶことができますが、ほとんどの金融業者は親の同意書があっても二十歳以下ではキャッシングの審査を通さない場合が多いので二十歳にならないとキャッシングを利用することはまずできないと考えた方がいいでしょう。絶対にダメだということはありませんがかなり難しいと考えた方がいいのです。

銀行系カードローンの主な特徴について

カードローンといっても主に「消費者金融系の会社」と「銀行系の会社」の大きく2つの種類があります。消費者金融系は主にアコムやアイフルなどが代表になるかと思いますが、結局のところ会社の母体は銀行になるのですが、名を変えて貸し出しを専門にしている会社がそれにあたります。銀行系に関しては呼んで字のごとく銀行そのものが提供しているカードローンになります。2つを比較して何が違うかというと、貸し出しの限度額に違いがあります。消費者金融系は法律(総量規制法)により年収の3分の1以上は借り入れができないよいうなっており、銀行系はこの法律の対象外になる為、それ以上の借り入れが可能になります。ただ制限はないものの限度額の設定はいずれにせよ銀行側が決めるので必ずしも希望する額の融資額を提示されるわけではありません。ただ、制限がないので年収の3分の1以上の借り入れを希望する方は銀行系に申し込むことになります。

その他の違いとして、比較的金利が銀行系の方が低く設定されております。金利が低いので当然同じ額を借り入れをしても返す額は少なくなるので銀行系の方がお得になります。ただ、審査に関しては消費者金融系よりもやや厳しめといわれているのでその点は注意が必要となります。