アルバイトがキャッシング等を利用できる条件について

 巷に溢れている消費者金融業者ですが、都道府県知事や財務局の登録を受けている業者であれば利用する側は安心してキャッシングを申し込みできるようになります。キャッシングですが、これは金銭を利息付で融資されるサービスであって、利用する側には一定の信用力がなければ金銭の消費貸借契約は成立しません。

 利用者ですが、主として会社員等となっています。事業所等で使用されている人であれば、サービス提供者であるサラ金業者(サラリーマン金融業者の略称であり、勤め人信用貸しという異称を持つ事が名前の由来となっています)は融資して返済が可能と判断するようです。被用者の場合、サラ金業者に対して提出する書類としては、雇用契約書及び給与明細書並びに健康保険証のコピーといった物でしょう。使用されている事で、安定的な収入が継続的に得ているのであればアルバイトでも申し込みして融資は可能となっています。

 アルバイトですが、フリーターの場合でも融資は可能とされています。フリーターですが、これは短期アルバイト等をしていたり、労働法でいう労働関係に在るアルバイト以外にも何らかの収入を得ている事はあり得ます。また、フリーターとされる人が障害が在って且つ税法上は非課税となる年金を得ているのであれば消費者金融業者は信用力が在るものとみなして融資をしてくれる可能性はあるでしょう。

キャッシングの限度額を上げるためには?

キャッシングをしたいけれども限度額により借りられなくなることがあります。

そこで知りたいのがどうすると限度額を上げることが可能なのかどうかです。

まず限度額増額ををする前にしてほしいのが、現状です。

初めて申込をした時とは違う会社に働いていたり、収入が減っているようだと増額申請をしても通らないどころか利用できなくなる可能性があります。

また、返済が遅れてしまった時があったり、他のところで金融事故を起こしていると同様に利用できなくなります。

現状が初めて利用した時よりも良い状況になっているのかどうかを今一度確かめるようにしてから検討をしてください。

そして現状が前より良かったとしても必ずしも増額されるわけではないので、その点も理解してから申込をしましょう。

総量規制の原則について覚えておきましょう

消費者金融系のキャッシングを個人で利用する際は年収の3分の1以上の借り入れはできないことになっています。総量規制と呼ばれている原則で、無担保と無保証でキャッシングを利用する際に借り入れられる金額は年収の3分1の以下となるのです。総量規制の原則は複数の消費者金融にまたがって適用されますので注意する必要があります。

年収が180万円のアルバイトの方が消費者金融でキャッシングできるのは総量規制の原則で60万円までとなりますが、既に他の消費者金融から30万円の借り入れがある場合、違う消費者金融に申し込んだとしても30万円までを限度してしか借り入れができないことになるのです。総量規制の原則は消費者金融のキャッシングに申し込む際、最大でどれくらいまで借り入れができるのかの目安にもなります。消費者金融系のキャッシングを利用する場合には総量規制の原則について覚えておきましょう。

ビジネスローンのすばやい審査通過のコツ

ビジネスローンですぐにお金を借入したいとの審査通過のコツとしては、やはり書類です。

書類に不備がないことはもちろんですが、少なくともいくらかは事業関係のための資金ですから必要な書類として事業計画のためのものが必要です。

どんなことを書けばいいのかというのは、ビジネスローンのHPなどに雛形がありますので、それを参照にするとやりやすいかと思います。

なかなかなれない作業が多いと思いますので、すぐに記入しきるというのは難しく、1日中かかってしまうようなケースもあるかもしれません。

ですが、しっかりと不備がない書類を作ることが出来れば、手続きはスムーズ無に進んでくれますので、書類の準備をしっかりとしておきましょう。