申込み

カードを速やかに受け取れるキャッシングの自動契約機

キャッシングの申し込みでは、よく自動契約機が活用されています。カードを早く受け取りたい時は、それは大変便利だからです。

キャッシングの申し込みをした後は、基本的にはカードは受け取る必要があります。いわゆるATM機器などで利用可能なカードを受け取って、融資を受ける事になるからです。

ところでキャッシングのカードは、郵送も可能ではあります。自宅に送ってもらう事も可能ですが、それは早さに関わるデメリットがあるのです。

郵送という手段ですと、どうしても時間がかかってしまいます。数日ほどかかってしまう事が多いですから、急ぎのニーズには不向きな一面があるのです。

むしろ自動契約機です。契約機の場合は、自宅近くに立地している事も珍しくありません。近所にある契約機でしたら、申し込み当日に受け取る事も大いに可能なのです。WEBなどで申し込みをした上で、ちょっと自宅近くにある契約機に足を運んで、カードを受け取る事もできます。郵送と比べれば、明らかにスピーディーなのです。

ただし契約機の営業時間などは、少々注意を要します。夜中の時間帯に契約機で手続き可能なら良いですが、営業時間外の事もあるからです。ですから契約機でカードを受け取る前に、受け付け時間などは確認しておく方が良いでしょう。

キャッシング申し込み時に思ったこと

キャッシングを利用する前は、キャッシング申し込み時の本人確認がどんなものか気になっていました。
わりと細かいことを聞かれたりしてめんどくさいんだろうなとか、何度も同じことを聞かれたり、何度も電話がかかってきたりするんだろうなと思っていました。
ですが、まったく予想とは違っていました。

車の運転免許証のコピーの提出と一本の電話確認のみで本人確認は終わってしまいました。
どちらも申し込みの流れの中で自然に行われたことなので、体感的には本人確認をしたと感じることはありませんでした。

こういうところは本当に上手ですよね。
消費者金融に限ったことではありませんが、長年の経験からいろいろスムーズに、客の負担などが少なくなるようになっているんですよね。

家族に申し込みがバレないように気を使ってくれたりするのもそうです。
申し込み時に家族と同居しているということを伝えたら、カードローンに必要なカードは郵送だと家族に見られる可能性があるので、自動契約機でカード発行した方が良いですとアドバイスしてくれました。
たったそれだけのことですが、客のことを考えているのが伝わってきました。

最近ではまともな接客が出来ない接客業が増えています。
そんな中、こういったことが出来るのは本当に素晴らしいと思いました。

アイフルをもっと便利に利用する方法とは

アイフルを利用したいが、忙しくて申し込む余裕がない。

このような場合におすすめなのが、「インターネットを使う」という方法です。

インターネットを使えば、自宅にいながら、申し込みからカードの受け取りまで済ませることができます。

では、主な流れについて見て行きましょう。

まず、アイフルのサイトから「申し込み」を行います。

必要事項を入力して送信すると、担当者から確認のための電話がかかって来ます。

確認がとれれば、審査に移ります。

審査の結果は、電話もしくはメールで伝えられます。

審査を通過していれば、本人確認書類など必要な物を提出して、契約手続きに入ります。

この手続きも、インターネット上で行うことができます。

借り入れは、契約が終わればすぐにできますし、後日にカードが届いたら、ATMを使うこともできるようになります。

そして、返済についても、インターネットで行うことができます。

アイフルの場合、ネットバンクを介して銀行振込という形になります。

では、どのネットバンクを使えばよいのかということですが、おすすめは「三井住友銀行」「三菱東京UFJ銀行」「ジャパンネット銀行」「みずほ銀行」「楽天銀行」です。

これらは、いずれも便利で人気が高いネットバンクなので、この中から好きな物を選ぶとよいでしょう。

計画的にお金を使える人には便利なサービス

銀行のキャッシュカードは妻が持っており、

交際費等で月のお小遣いがなくなると「楽天銀行スーパーローン」でキャッシングをしておりました。

毎月5万程度借りて、負債総額は30万円になってしまいました。

これが私のキャッシングのパターンです。

→忘年会・新年会シーズンは飲み会に毎日のように参加。

→→飲みすぎで終電に乗れなかった時のビジネスホテル代、乗り過ごした帰りのタクシー代が飲み会代以上にかかってしまった。

→→→1ヶ月3万円のお小遣いが半月でなくなってしまった。

→→→→残りの飲み会もどうしても参加したい。

→→→→→どうしようもなくなりネットキャッシングでキャッシング

簡単にお金が借りれるのでついつい月のお小遣いがなくなるとキャッシングをしていまう自分がいました。

一時でも手元にお金があると不安がなくなりストレスがなくなるので「キャッシングは非常に危険」と感じてましたが、

多用してしまいました。

この負のスパイラルを抜け出すために私がとった行動は、「楽天銀行スーパーローン」のID/PWの紙を廃棄しました。

これでもうキャッシングをすることはないと思っています。

============

楽天銀行スーパーローンの申込は

楽天銀行口座があったので必要事項を記載するだけで10分程度で申込が出来ました。

楽天銀行スーパーローンに関しては返済日によって口座振替をご指定いただけない金融機関がありますが、

私は楽天銀行口座があったので27日の口座振替を設定しました。

============

お金を借りる前は住宅ローンの他に借金をすることに非常に不安がありましたが、

毎月2~3万の返済であればなんとかなるだろうとたかをくくっていました。

============

自分は「計画的にお金を使える人」はという方は本当に必要な際にキャッシングを利用しても問題ないと思っています。

私みたいな「計画的」ではないひとはキャッシングはしない方がよいと思います。

「計画的にお金を使える人」は自分の支払い能力以上の出費はしないのでキャッシングを無駄にすることはないでしょうから。

============

毎月の給与から1万5千円を返済していましたが、返済期間完了日が1年以上も先になってしまうことから

返済金額を1万5千円から3万円に変更しています。

毎月3万円の返済は給与はそれなりの額をもらっていますが、じわじわですが毎月ダメージが残ります。

キャッシングはお金が本当に必要なときに簡単にお金を借りることが出来る便利なサービスであると思います。

しかし自分の支払い能力以上のキャッシングは非常に危険であります。

私のように交際費の補填のためにキャッシングをするのも非常に危険です。

ギャンブルの補填なんて以ての外ですよ!!

即日融資を本当にしてもらえて驚きました

即日融資がまさか本当だとは思いませんでした。

そんな事言ったら消費者金融や銀行には失礼ですね。

ですが、ああいったものはほとんどがお客さんを呼ぶ為のものであって、かなり限られた人のみが受けられるものだと思っていました。

ホームページなどによく書いてありますが、本当に即日融資を受けられる人は一握りもいないのだと思っていたのですが・・・

私が即日融資してもらえたのでおそらくほとんどの人が即日融資してもらえるのではないかと思います。

何故かというと、私はごく普通のサラリーマンでとくに高給取りなわけではありませんし、特別不動産などの財産を持っているわけでもない、どこにでもいる普通の人間だからです。

まさに「普通」を絵に描いたような人間が即日融資してもらえるのだから、きっと多くの人がしてもらえるはずです。

ただ、申し込み時間は重要なようです。

いくつかの消費者金融、銀行のホームページを見ましたが、即日融資は「何時までに申し込み完了した場合」みたいな事が書かれていました。

ですので、出来るだけ早く申し込む方が良いと思います。

もし何か不備があってやり直しになってしまっても慌てないように、午前中に申し込みがベストではないかと思います。

申し込みから審査終了までは一時間くらいはかかりますので、午後に入ってからだとバタバタしてしまうと思います。

審査が早く終わるポイントはわかりませんが、何度も見直して不備がないようにすれば、そんなに遅くなる事はないと思います。

なかなか今日中にお金が必要という事はないと思いますが、早ければ早い方が良いでしょうから即日融資希望の人は午前中の申し込み、試してみてください。

学生のキャッシングは金利が低くてお得

学生でキャッシングをしている人も全然珍しくない時代になったのではないか?と思いますが、学生でも借りられる会社が増えてきたというのもあれば、学生が借りやすいサービスになっているということも言えるかもしれません。学生がキャッシングで借りる場合の金利については、通常時よりも低めになっていることが多いのです。

どうして低いのか?というと、それは簡単で、高い金利を課しても返せない可能性が高いからです。当然収入が普通に働いている人よりも絶対に少ないのは見えているので、そこを考慮して返せる範囲に留めているという形でしょうか?金利を低くするのが嫌ならば、そもそも学生には貸さないでしょう。金利を低くしてでも学生を顧客対象にしているということは、学生をターゲットにした方が得だという見方があるからでしょう。

学生でお金を必要としている人が案外多くて、彼らが頻繁に利用してくれれば、それだけ儲けも出やすいと考えたところは、学生の利用者を増やすために、金利を下げて、彼らでも返済がしやすいように考えてくれているのです。だから、キャッシングをするならば、たくさんは借りられませんが、学生のうちに借りておいたほうがお得と言える面もあるのです。

学生でもキャッシングは行える

大学生になると多くの行事に参加して、様々な人と交友関係を深める事になります。友人は将来を通した宝となるので、イベントに参加する事は大きな意味があるのです。しかし余りに多くのイベントに出席していると、財布の中身が思った以上に減ってしまう事もあるのです。

お金が必要な大学生の多くはアルバイトに勤しんでいますが、急にお金が必要な事態が来ないとは限りません。だから学生向けのキャッシングサービスを充実させる事で、人脈の構築を業者はサポートするようになったのです。キャッシング出来る額や利息については、学生向けの良心的な設定になっています。つまり借りすぎてしまう事や返済に悩むケースは少ないと評価されているのです。そして一人暮らしの大学生の生活を助ける事もあります。

一人で暮らすようになった大学生は親から自立した存在です。実家から巣立ったという立場もあり、身内に頼んでお金を借りる事に抵抗を感じるケースは少なくありません。しかし学生向けのキャッシングサービスなら、自尊心を守りつつお金を作る事が出来るのです。利息が存在しているため生活が苦しくならない様なプランを立てる必要はありますが、親との関係だけでなく自分のプライドを維持する事が可能です。

キャッシング利用時の業者比較

これからキャッシングを利用することを考えている方は、借入先の業者をよく比較することをお勧めします。キャッシングは銀行や消費者金融で利用することが出来ますが、借り入れの際の条件は業者によってさまざまです。比較するべきポイントはいくつか存在しますが、主に気にかけたいのが金利の値です。

金利とは借りた金額に対して付く利息を決めるものであり、金利の値というのは低ければ低いほど条件としては良いことになります。

この金利の値は、借りた金額の大きさや返済に要する期間でも変動することがありますが、低いほうがいいことには変わりありません。

借入先を選ぶときには、まずは金利の値に注目してみましょう。

もう一つ借入先を選ぶときに大事なのは審査基準の緩さについてです。キャッシングを利用する時には最初に審査を受けることが一般的です。

この審査では返済能力があるかどうかが大事であり、その点について問題がなければすんなりと借り入れすることが出来るでしょう。

逆に安定した収入がなかったり、借金がある場合は借り入れの申請が受け付けてもらえない可能性もあります。

ですので、ある程度の基準を把握しておかないと、いつまで経っても借り入れが出来ず、何社にも申請をおこなわなければならない状況も出てくるかもしれません。そうならないためにも事前に基準に関した情報収集はおこなっておきましょう。

金利の値と審査基準は関係性があり、金利が低いほど審査基準が厳しい傾向にあるという特徴がありますので、それを理解したうえで自分に最も適した借入先を選ぶようにしましょう。

プロミスのフリーキャッシング

プロミスには、フリーキャッシングがあります。こちらは、審査の上で決定された利用限度額の範囲内ならば、自由に好きなタイミングでキャッシングが出来ると言うサービスです。

フリーキャッシングの利用限度額は500万円迄となっていて、運転免許証があれば本人確認が出来て審査可能になります。また、利用は主婦やフリーターでも毎月収入があれば審査対象となります。

日常生活を送っていると、何かの突発的な出来事で給料日前にお金が必要になることもあります。そんな時にプロミスのフリーキャッシングは便利なサービスと言えます。

さて、プロミスを利用するには、申し込みと審査が必要です。申し込み方法は8通りで、パソコン・携帯・スマホ・自動契約機・三井住友銀行ローン契約機経由の方法・プロミスコールと言う電話からの方法・店舗窓口・郵送となっています。これだけ方法があれば、自分のスタイルに合わせて選べるので助かります。

申し込みですがインターネットでは時間制限も休業日もないので、本当に24時間1年中の都合が良い日に出来ます。
その後に自動審査がありますが、受付時間が21時迄なので、すぐに使いたいと考えているのならこの時間内で申し込む方が良いです。

審査状況によっては30分で利用可能額が分かることがあります。
これは、お金が急に必要になった時には目安が分かるので便利です。

審査完了後の本契約はメールでも出来て、その後にキャッシングの振込みが可能になります。つまりネットのWeb契約のパターンで時間帯を21時前までに行うと、即日の融資も可能になります。

返済に関しては、指定日のパターンから選ぶことが可能です。つまり5日・15日・25日・毎月末日の好きな日を指定出来ます。
これなら給料日に合わせて設定出来るので、引き落とし日が給料日前になると言うデメリットを回避出来る傾向にあります。

返済方式は残高スライド元利定額返済方法となっていて、利息は年率4.5%から17.8%の範囲となっています。