キャッシング

クレジットカードのキャッシング枠!利用前に注意することは?

急な現金出費に備えたい、わざわざ一時的なキャッシングのためにカードローンを契約する必要もないという場合、クレジットカードにキャッシング枠を設定する方法があります。少額のキャッシング枠なら適用金利も大手消費者金融と変わらないため、不必要な契約を増やす必要もありません。

しかしながら、クレジットカードのキャッシング枠については、実際に利用する前に返済方法を把握しておく必要があります。少額の借り入れで、次の給料日までに完済できるという場合でも、返済期間が長くなり無駄に利息を返済するケースもあります。

先ずは、一括返済なのかリボ払いなのかを把握し、もしリボ払いでの設定であれば、忘れず返済方法の変更を行う必要があります。また、口座振替を利用すれば、無駄にATM手数料を支払って返済する必要もなく、負担を抑えて利用することもできます。

キャッシング会社の限度額について

プロミスやアコムなどだけではなく現在ではたくさんのキャッシング会社がありますが、それぞれの利用可能な限度額についてはご存知でしょうか。

キャッシングでは各社利用限度額が決まっていて大手消費者金融を例にあげると、プロミスでは最大500万円、アコムやアイフルやSMBCモビットなどでは800万円となっています。ですが実はこれが利用限度額というわけではなくて、あくまで各企業が個人に貸せる最大額ということです。

実際には総量規制という金融庁の定めた「年収の3分の1以上の貸付をしてはならない」という規制があるので、限度額はそれ以下となり、そこから更に各企業がどのくらいの返済能力があるかを審査して限度額が決まるかたちになっています。

おすすめのカードローン業者のサービス内容は?

カードローン業者によってサービス内容が異なるので選び方が分からない人も少なくないでしょう。そこでどのようなサービス内容になっているカードローン業者がおすすめなのか見ていく事にしましょう。

カードローン業者によって金利の設定が異なってくるのでまず低金利で設定されているカードローン業者はおすすめです。基本的に15%以上で設定されているカードローン業者は高金利に分類されるので14%から14.5%ぐらいで設定されているのを目安にして選んでみるといいでしょう。

また申込方法の種類もカードローン業者によって異なってきます。店頭窓口、自動契約機、ネットなどで申し込みをする事が出来ますが、最近ではスマホが普及しているのでネット完結で申し込みをする事が出来るカードローン業者はおすすめなので選んでみるといいでしょう。

中小消費者金融と大手消費者金融は使い分けが重要!

キャッシングローンの選択肢は、銀行や大手消費者金融の他、中小消費者金融があります。銀行は消費者金融に比べると金利が低く、効率的な返済を行えば総返済額が抑えられます。一方、大手消費者金融は短期間の借り入れなら無利息サービスで利息ゼロとなり、返済負担が抑えられます。

しかし、無利息サービスは少額借り入れでは無駄が大きくなってしまいます。そこで重要なことは、中小消費者金融を選択肢に入れ、無利息サービスを無駄にしないことです。1万円や5万円といった借り入れなら中小消費者金融を利用しても利息負担は大きなものとなりません。

そのため、無利息サービスは高額借り入れに備えて残しておくのが重要になります。中小消費者金融は金利が高いというイメージが強いものの、使い分け次第では将来的な借り入れ選択肢を残せるといったメリットもあります。

カードローンは利便性が高くてもデメリットになることも!

銀行や消費者金融のカードローンは、利用限度枠内であれば自由に借り入れができ、利用の都度審査もないことから利便性が評価されています。また、提携ATMの充実性も利便性が良いことに条件になっています。ですが、利便性が良すぎることで多重債務の要因になること、無駄な費用を掛けて借り入れするといったデメリットもあります。

提携ATMが多く、ほぼ24時間利用出来るというのは無駄遣いに繋がる要因ともなります。例えば、飲み会の一次会が終了し、二次会や三次会に誘われた場合、現金が用意できなければ断ることができ、無駄遣いが防げます。特にカードローンはATMからの借り入れが出来ることからキャッシュカードで現金を引き出す行為と同じように考えてしまうことが指摘されています。

そのため、不必要な借り入れを防ぎたいという方はカードローンに多少の不便さを設けることも重要になっています。

総量規制と借り入れできる上限とは

総量規制とは、個人がお金を借りる際の上限金額として、年収の3分の1までと定められた法律上のルールです。そのため、現在のキャッシングやカードローンの利用では、原則として借り入れできる上限は、年収の3分の1までとなります。

例えば、年収300万円の方であれば、個人で借り入れできる融資金額の上限は、総額100万円までとなります。年収500万円の方であれば、利用出来る融資金額の上限は、総額166万円までです。また総量規制では、借り入れ金額に対してのみ、年収の3分の1までと定められていますので、原則として借入件数は関係がありません。

極端な例ですが、1社で100万円の融資を受けても、10社から10万円ずつで合計100万円の融資を受けたとしても、借入件数ではなく、借入総額で年収の3分の1を超えているかどうかを判断します。

無収入の主婦でもキャッシングは不可能とは言い切れない

最近ではパートやアルバイトで定収があるのなら、キャッシングを利用できる金融機関も目立つようになってきました。ですから、パート勤めで定収がある主婦であれば、通常はキャッシングの審査に通る可能性は充分にあるのです。

しかし、審査に通るのは、あくまでも定収があるという条件を満たしている場合です。同じ主婦でも、もしも完全に無収入状態であったとしたら、審査に通る可能性は非常に低くなってしまうのは間違いありません。そもそも定収というのは、その人の返済能力と同じことを意味しています。ですから無収入とは、金融機関からは返済能力が無い人だと見なされるのです。そんな訳ですから、審査に落ちるのも当然だと言えるのです。

しかし、たとえ無収入の主婦でも、もしも夫の同意書や給与明細など、その金融機関が定める必要書類を揃えて申し込むことができるなら、審査に通る可能性もゼロとは言えなくなります。もちろん金融機関にもよる話ではありますが、無収入でもキャッシングができる可能性は僅かですがあるのです。

無収入の主婦でも、もしもどうしてもキャッシングがしたいなら、思い切って金融機関に問い合わせてみるべきです。もしかしたら道は拓けるかもしれません。とにかく、可能性はゼロではないのです。

独身サラリーマンがモビットを利用する2つの理由

独身のサラリーマンは稼いだお金を自分で使う事が出来るメリットがあるので浪費してしまう人も少なくありません。それで金欠の状態になった時にキャッシングをして対応していきますが、モビットを利用する人が多い傾向があります。モビットは無利息サービスがないので他の消費者金融に比べてマイナスな要素がありますが、なぜ独身サラリーマンはモビットを利用するのか理由を挙げていく事にしましょう。

・ネットですべての手続きをする事が出来る

モビットはWEB完結申込を利用すると申し込みから借り入れまでの手続きをすべてネット上で出来てしまいます。独身サラリーマンは忙しい事も多いのでネット上ですべての手続きが出来る利便性の高さを重視します。それによりモビットを選ぶ独身サラリーマンが多いです。

・電話以外の方法で在籍確認をする事が出来る

消費者金融にキャッシングの申し込みをすると在籍確認の電話を職場にかける事になります。それで職場の上司にキャッシングをする事がバレてしまう可能性がある点を独身サラリーマンは不安視します。しかしモビットはWEB完結申込を利用すると電話連絡が一切なしになるので電話以外の方法で在籍確認を行う事になります。それにより職場の上司にキャッシングする事がバレないのでモビットを選ぶ独身サラリーマンが多いです。

おまとめローンで借金を一本化しました

複数のところから借入れをしていたのですが、おまとめローンにしたことで月々の返済額を抑えることができました。金利を低くすることに成功し、ほっとしています。年単位で見ると、万単位で利息の節約ができるようになったのでもっと早くおまとめローンを検討し申し込みをすればよかったと思っています。

これまではそれぞれの返済日に少しずつ返済をしていたのですが、今はそのような手間がなくなり1社だけに返済をすればいいのでとても楽です。無料で利用できるATMを探して移動をする必要もなくなり、1個所で返済を終えられるようになりました。

消費者金融ではなく、銀行のおまとめローンを選んだことも重要だったと思います。全ての人に当てはまるわけではありませんが、複数社から借入れをしている人にはこういった方法があることを知ってほしいです。

レイクALSAは融資完了までの時間が早いと評判

レイクALSAでは申し込みから実際にお金を受け取ることができるまでの時間が早いという評判があります。

元々レイクALSAでは、審査完了までの時間がとても早いと言われていて、AIで審査をしているために最短で15秒で完了するとなっています。

したがって、融資を受けられるまでの時間に関しても割と早いとされていますから、急いでいる人にとってレイクALSAは非常におすすめです。

レイクALSAでは、実際の融資が受けられるまでの時間はケースバイケースで異なりますが、インターネットからの申し込みに限れば最短で60分で可能になるとされています。

他の会社だと審査の完了だけで最短30分とかなので、60分では融資完了まで対応できないケースもあるはずです。

だから、本当に迅速に審査から融資までの対応をしてくれるということになるので、すぐに資金が必要であるといった事情を抱えた人はレイクALSAを検討してみてほしいと思います。