即日融資

消費者金融の即日、それは本当に即日で借りれるのか?

消費者金融の謳い文句に最短30分とから15分とから威勢の良いことを書いていますよね。

なんだか読み方によっては、最短30分とか15分でお金が手にできそうに聞こえるから、ちょっと昼休み休憩やパチンコをしてたら食事休憩の時に借りれちゃう気がしてきます。しかし残念なことにこれは違う意味合いなのです。

30分で審査オーケーというのは、大体の消費者金融、銀行カードローンでの申告内容通りであるなら融資オーケーですよと言った仮審査の事になっています。

ホームページ上で借入希望額と属性情報を記入したら、審査完了というメールが届き、今度は契約書類や本人確認書類、場合によっては収入証明書を提出し、金融機関側は指定信用情報機関の情報を取得して本審査を行います。

本審査で落とされることもありますが、本審査は基本的に申告通りで信用情報が汚れていなければパスできます。

しかし、今度は本審査を行った後に銀行振込やカードの到着を待たないといけません。

もうお分かりですね。全て完了して融資を受けるには諸々の所で時間がかかってしまい、30分で融資まで受けれるということは稀なケースなのです。30分というのは融資が出来るかの返答だけの意味合いです。

銀行カードローンだと、カードの郵送でしか対応してくれない銀行もあり、その場合即日融資は難しいので注意してください。

消費者金融を選ぶなら即日融資

即日融資は消費者金融の最大の持ち味と言っても過言ではありません。

なぜなら銀行からお金を借りるには少なくとも数日かかりますし、親や友達からもすぐにお金を借りれるかどうかはタイミングによります。

しかし消費者金融であれば申し込んだその日のうちに借りることができるからです。
実際多くの消費者金融のサイトを見ると即日融資が可能となっています。しかしここに一つの落とし穴があります。

それは「最短即日融資」という書き方が多くなされているのです。

つまり最短なら即日融資も可能ですが、そのためにはいくつか条件がありますよという意味でもあります。
そして中小の消費者金融の場合、申し込んだその日にお金を借りられない事も多いのです。

ですから消費者金融を選ぶ際には実際に即日融資が可能かどうかをしっかりと見極めることが大切です。
即日融資のための条件を調べておくのが大切です。

また大手消費者金融であればかなり即日融資の可能性が高いので大手消費者金融に絞って選ぶのもいい方法といえます。