アコムのビジネスサポートカードローンのメリット

アコムではベーシックなカードローンの取扱に加えて個人事業主を助けるビジネスサポートカードローンというローンサービスの取り扱いがあります。アコムのビジネスサポートカードローンの詳細について確認をしていきましょう。

・実質年率と融資限度額

2018年5月4日時点で実質年率は12.0%から18.0%となっており、融資限度額は1万円から300万円という貸付条件とされています。

・総量規制対象外

ビジネスサポートカードローンは事業性融資ローンであるため、年収の3分の1を超える融資に対応しています。

・即日融資に対応

アコムのビジネスサポートカードローンは最短で即日融資に対応しているので、急いでるときにも便利に活用できるサービスです。

キャッシング会社の限度額について

プロミスやアコムなどだけではなく現在ではたくさんのキャッシング会社がありますが、それぞれの利用可能な限度額についてはご存知でしょうか。

キャッシングでは各社利用限度額が決まっていて大手消費者金融を例にあげると、プロミスでは最大500万円、アコムやアイフルやSMBCモビットなどでは800万円となっています。ですが実はこれが利用限度額というわけではなくて、あくまで各企業が個人に貸せる最大額ということです。

実際には総量規制という金融庁の定めた「年収の3分の1以上の貸付をしてはならない」という規制があるので、限度額はそれ以下となり、そこから更に各企業がどのくらいの返済能力があるかを審査して限度額が決まるかたちになっています。

アコムの借り換え専用ローンの特徴とメリット

アコムでは他社からの債務を一本化して返済負担の軽減を図れる借り換え専用ローンというローンサービスの取り扱いがあります。アコムの借り換え専用ローンの特徴とメリットについて確認していきましょう。

・担保や保証人は不要

アコムの借り換え専用ローンは無担保型のローンサービスなので、保証人や担保を用意する必要なく契約ができます。

・総量規制対象外

アコムのカードローンは総量規制対象サービスですが、借り換え専用ローンは総量規制対象外のサービスなので年収の3分の1を超える借り入れが可能です。

・返済日は毎月1回

複数の金融機関から借り入れをしている場合、1ヶ月間に何度も返済日が到来するため、返済管理が大変ですが、アコムの借り換え専用ローンに借り換えれば返済日は毎月1回となります。

おすすめのカードローン業者のサービス内容は?

カードローン業者によってサービス内容が異なるので選び方が分からない人も少なくないでしょう。そこでどのようなサービス内容になっているカードローン業者がおすすめなのか見ていく事にしましょう。

カードローン業者によって金利の設定が異なってくるのでまず低金利で設定されているカードローン業者はおすすめです。基本的に15%以上で設定されているカードローン業者は高金利に分類されるので14%から14.5%ぐらいで設定されているのを目安にして選んでみるといいでしょう。

また申込方法の種類もカードローン業者によって異なってきます。店頭窓口、自動契約機、ネットなどで申し込みをする事が出来ますが、最近ではスマホが普及しているのでネット完結で申し込みをする事が出来るカードローン業者はおすすめなので選んでみるといいでしょう。

とても便利な消費者金融の自動契約機

消費者金融の自動契約機は、「キャッシングをしたいけれど人と対面しての契約手続きはしづらい」、と考える方に好評となっています。

消費者金融により多少審査や手続きにかかる時間は違いが生じますが、大抵の場合は、約1時間前後で契約から借り入れまでを行うことができます。

窓口に行ったり1日中待ったりする必要がなく契約ができるのは、非常に便利なサービスですね。

さらに、ATMが併設されている場合は、契約を行った後に、そのままキャッシングをすることができます。

なお、自動契約機で契約する際も、運転免許証など本人を確認する書類が必要となります。

そのため、契約をする際は、必ず、必要となるものを事前に確認しておきましょう。

中小消費者金融と大手消費者金融は使い分けが重要!

キャッシングローンの選択肢は、銀行や大手消費者金融の他、中小消費者金融があります。銀行は消費者金融に比べると金利が低く、効率的な返済を行えば総返済額が抑えられます。一方、大手消費者金融は短期間の借り入れなら無利息サービスで利息ゼロとなり、返済負担が抑えられます。

しかし、無利息サービスは少額借り入れでは無駄が大きくなってしまいます。そこで重要なことは、中小消費者金融を選択肢に入れ、無利息サービスを無駄にしないことです。1万円や5万円といった借り入れなら中小消費者金融を利用しても利息負担は大きなものとなりません。

そのため、無利息サービスは高額借り入れに備えて残しておくのが重要になります。中小消費者金融は金利が高いというイメージが強いものの、使い分け次第では将来的な借り入れ選択肢を残せるといったメリットもあります。

消費者金融のキャッシングをお勧めできる理由

もしも、手持ちの現金だけでは急な出費に対処することができないといった状況に陥ってしまった場合、お金を借りて必要な分だけの金額を用立てるしかありません。しかし、お金を借りるということは誰しも不安な気持ちにさせられるものです。

特に銀行などの金融機関からお金を借りるとなるとその手続きもひどく面倒ですし、審査も厳しいものとなります。また、金融機関の場合には審査に通過できたとしても実際にお目当てのお金を借りられるまでには時間が空いてしまうため、急な出費に対処する目的のは向いてはいません。

そこでおすすめなのが消費者金融のキャッシングです。消費者金融のキャッシングの場合、基本的に即日融資を受けることができるので急な出費にも慌てずに対処することができるというのがその理由です。

SMBCモビットでWEB完結申込を利用する時の条件は?

SMBCモビットはWEB完結申込を利用すると電話連絡や自宅への郵送物が一切なくなるので家族や職場の人に内緒でキャッシングをするのに適している消費者金融です。しかしWEB完結申込を利用するには条件があるのでしっかり確認していきましょう。

SMBCモビットでWEB完結申込を利用する時は三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、ゆうちょ銀行のどれか一つの口座を持っていなければいけません。どの口座も持っていない時は申し込みをする前に口座開設をしなければいけません。また在籍確認が電話以外の方法で行われるので社会保険証か組合保険証を持っていてどちらかの写しを提出する事も条件になっています。条件に該当していないとWEB完結申込を利用する事が出来ないので注意しましょう。

沖縄海邦銀行カードローンの特徴

沖縄は地銀が独断場でありますが、沖縄の銀行の一つである沖縄海邦銀行のカードローンのハッピーカードローンは

沖縄県の中ではなかなかいいサービスを展開しています。

金利は年7.5%~13.5%と上限はかなり安いです。

ポイントサービスのポイント数に応じて最大▲2.0%引き下げというサービスも展開していますから、地域密着で

お金を借入しやすいようになっているのは大きなメリットです。

年齢上限も70歳と地銀にしては上限が高く、専業主婦やパート、アルバイトでも50万円まで借り入れができますから

借り入れをする方の幅も広くやっているとなっています。

地方銀行で地域密着という優れた面を出しているのがハッピーカードローンとなっています。

カードローンは利便性が高くてもデメリットになることも!

銀行や消費者金融のカードローンは、利用限度枠内であれば自由に借り入れができ、利用の都度審査もないことから利便性が評価されています。また、提携ATMの充実性も利便性が良いことに条件になっています。ですが、利便性が良すぎることで多重債務の要因になること、無駄な費用を掛けて借り入れするといったデメリットもあります。

提携ATMが多く、ほぼ24時間利用出来るというのは無駄遣いに繋がる要因ともなります。例えば、飲み会の一次会が終了し、二次会や三次会に誘われた場合、現金が用意できなければ断ることができ、無駄遣いが防げます。特にカードローンはATMからの借り入れが出来ることからキャッシュカードで現金を引き出す行為と同じように考えてしまうことが指摘されています。

そのため、不必要な借り入れを防ぎたいという方はカードローンに多少の不便さを設けることも重要になっています。