キャッシングの返済の計画を考える

キャッシングでお金を借りた時にはまずは返済のことを考えるべきでしょう。借りること自体はそんなに悪いわけではなく、キチンとサービスとして提供されているわけですから、それはまったく問題ないことではあるのですが、問題となることとしてはキチンと返すことができるのか、という一点になることでしょう。そこだけはかなり注意しておくべきです。まず、返済の方法が二つあることをよく理解しておきましょう。それが約定返済であり、もう一つが随時返済になります。約定返済とは毎月の返済のことです。利息に加えて元本を減らすことができます。

まず、当然ながら利息のほうが優先されることになります。約定返済ではそこまで元本が減ることがありませんから、より効率的に、がっつりと借りたお金を減らすのであれば随時返済を積極的にやっていくことです。キャッシングで借りた時に考えることがこの随時返済を如何に多くやっていくことができるのか、ということです。それができるようになりますと利息をかなり削減できます。無駄に利息を支払うことなく、返済ができるようになります。返済計画とはつまるところ、如何に早く随時返済をしていくことができるのか、という一点に尽きるわけです。

初めての方向けのキャッシング講座

初めてお金を借りる方に、借入の条件と、消費者金融と銀行カードローンのどちらがいいかお教えします。

まずお金を借りられるのは、年齢が満20歳以上で、毎月安定した収入があることです。収入は多いに越したことはありませんが、5万円ほどでも十分審査に通ります。なお年金は法的には収入にあたりますが、金融機関によっては認められないことが注意点です。さらに学生も金融機関によっては申込めず、収入が多いのならフリーターで申込みましょう。なお専業主婦の方は、銀行カードローンのみ申込めます。

一般的に銀行カードローンの方が審査が厳しい代わりに、金利が低いという特徴があります。また銀行カードローンは総量規制の対象外なので、巨額の融資が期待できます。なおいずれにせよ初めての申込では、50万円までとなることが多いです。また50万円までなら、本人確認書類1点だけで申込めます。

では消費者金融か銀行カードローンのどちらがいいかを解説します。大手消費者金融では契約の翌日から30日以内に全額返済すれば、無利息で借入できるというサービスがあります。ですから借入が数万円で次の給料日に一括返済できるなら、大手消費者金融がオススメです。しかし10万円借りてこつこつ返済しても、年間の利息の差は3000円ほどです。この程度の差なら、審査が甘めで即日振込融資が可能な大手消費者金融の方が借りやすいでしょう。

一方公務員や有名企業にお勤めで、長くカードローンと付き合う気なら、銀行カードローンがオススメです。中には年13%を切る金利のところもあり、きちんと返済していると限度額も大きくなります。ですから審査に自信のある方は、長い目でみれば低金利で巨額の融資が期待できる銀行カードローンがオススメです。

キャッシングの金利を比較するときのポイント

キャッシングを利用するときにもっとも重視する比較ポイントはやはりそれぞれの金融機関の金利がどのくらいであるかということでしょう。キャッシングの返済を容易にするのはなるべく低金利のキャッシングを利用することが鉄則ですから当たり前のことです。そして、キャッシングの金利の比較の際によく利用されるのが金利を比較したサイトだと思いますが、キャッシングの金利は一律ではなく、どの金融機関でも金利の差はかなり大きくなっています。例えば、5%?18%などというような表示です。

この金利差は主として利用限度額によって自動的に決まっていることが多く、上記の例で言えばその金融機関の利用限度額の最高額に適用される金利であっても、利用限度額が低いということになれば18%の金利が適用されるのです。特にその金融機関でのキャッシングの利用が初めてという場合にはほとんどの場合には利用限度額は少なく設定され、従って金利も上限金利になることがほとんどですから、キャッシングの利用者が考えなければならないのは金利の下限よりも、いかに上限が低いかということです。たとえ少しの違いであっても金利が返済には大きな影響がありますから、なるべく上限金利の低い金融機関から検討すべきです。

24時間いつでも利用する事ができるモビットという業者

モビットという会社は、金融業界では非常に有名です。大手の賃金業者の1つだからです。

ところでこの賃金業者には、時間帯に関する大きなメリットがあります。なぜなら、非常に幅広い時間帯で利用する事ができるからです。

モビットとしては、24時間という点を大きくアピールしています。実際、その通りなのです。

この業者ですと、様々なATM機器などで手続きを行う事ができます。コンビニなどに足を運びますと、ほぼ確実にATM機器が設置されているでしょう。あれを用いて、手続きを行う事が可能なのです。もちろんコンビニなので、24時間いつでも手続きを行う事ができます。

ところで一部の賃金業者では、それが不可能な事もあるのです。中小規模の業者などでは、かなり利用時間が限られてしまう事もあります。夜中の3時などでは利用する事は困難で、あくまでも昼間の時間帯に限定される業者も、数多く見られます。それでは普段の仕事が忙しいサラリーマンの方々にとっては、少し困るでしょう。

しかしモビットの場合は上記のような時間で利用できますから、忙しいサラリーマンでも特に問題は無いですね。その時間帯の広さは、やはりモビットの大きな魅力の1つと言えます。ですのでサラリーマンの方々は、モビットを利用する事は多いですね。

キャッシングにおける審査対策について

消費者金融のキャッシングを利用したい場合で、審査を行うことになりますが、収入面などによって審査に落ちてしまわないのか心配になっている方も少なくないようです。審査に落ちてしまう理由は様々ですが、原因を知ることが非常に重要になるでしょう。審査に落ちてしまう理由の1つに、複数の金融機関を利用して借り入れをしているケースがあります2つの金融機関位から問題になる事はあまりないですが、それ以上になると審査でマイナスになってしまうこともあるので注意する必要があります。

このような場合の解決策としては、複数の金融機関の借金を1つにまとめて返済すると言うことです。このような返済方法をおまとめローンと呼びますが、返済で困っている場合は検討してみてはいかがでしょうか。また商社金融を利用する場合は総量規制により借り入れができる金額が年収の3分の1以内と定められています。借り入れをしている業者が少ない場合でも、借金の総額が3分の1に達している場合は借り入れを行うことができません。このような理由で審査に落ちてしまう場合があるので、返済等を怠らないように注意しながら利用するようにしましょう。消費者金融との信頼関係をしっかりと築きあげることで、将来的な利用が可能になります。

専業主婦のキャッシング方法について

専業主婦は基本的に収入がないのでキャッシングする方法も限定されてしまいます。そこで専業主婦のキャッシング方法について見ていく事にしましょう。

・専業主婦で配偶者に内緒で利用したい場合は楽天銀行スーパーローンがオススメ

専業主婦は収入がないので総量規制の対象外になっている銀行カードローンを利用する事になります。銀行カードローンの中で専業主婦が利用する事が出来るのはみずほ銀行カードローン、三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック、楽天銀行スーパーローンなどがあります。しかしみずほ銀行カードローンや三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックは申込手続きをする時に来店する場合もあるので配偶者にバレてしまう可能性があります。専業主婦が配偶者に内緒でお金を借りるにはネットで申込手続きが完結する楽天銀行スーパーローンを利用するのがオススメです。

・専業主婦で配偶者に同意を得られた場合は配偶者貸付可能な消費者金融を利用する事が出来る

消費者金融は総量規制の対象になっているので基本的に専業主婦が利用する事は出来ませんが、配偶者の収入を夫婦の収入にする配偶者貸付が可能な消費者金融でお金を借りる事が出来ます。即日融資を受ける事が出来るのですぐお金を借りる事が出来るメリットがありますが、配偶者貸付が可能な消費者金融は中小の業者になってしまうのでお金を借りるときは注意が必要です。

カードローンの変更届は速やかに提出するべし!

カードローンを契約する際、氏名・住所・電話番号だけでなく、勤務先の情報として会社名・住所・電話番号・所属部署も申告しています。しかし、引越しや転職、勤務地の変更が生じた際、速やかに契約情報の変更を行う必要があります。この点については、多くのカードローンにおいて取引規定に条項が設けられており、変更届を行う義務が契約者にあります。

しかし、『時間が無い』、『めんどくさい』、『纏めて変更届をする』などといった行為は、信用度を損なう行為になってしまいます。そして、注意しなければならないのが契約の更新です。この際に、登録情報と最新の情報に相違があった場合、最悪の場合はカードローンの利用停止に繋がります。例え、契約更新は出来たとしても信用度が低下するため、増額申請を行う際に審査評価がマイナスされてしまいます。そもそも、何故このような事態が発覚するかというと、個人信用情報には勤務先情報も登録されており、契約更新の際に再度情報の照会を行った際に、クレジットカード会社や携帯会社が登録した最新情報が登録されるケースが多くあります。そのため、カードローンの契約を行った際と申請情報が変更になった際は、遅くとも契約更新の前までに変更届を行う必要があります。

みずほ銀行カードローンの特性について

みずほ銀行のカードローンは申込がしやすい上に、金利の低さが業界の中でもトップクラスとなっているので、お得に借り入れをしたいと考えている人にはぜひおすすめしたいカードローン商品となります。

みずほ銀行のカードローンの特性について詳しく解説をしていきます。

・2種類のプランがある

みずほ銀行のカードローンには、コンフォートプランというプランとエグゼクティブプランというプランの2種類のプランの取り扱いがあります。

融資限度額についてはどちらのプランも最高で1000万円となっていますが、金利については違いがあり、コンフォートプランは年14.0%?3.5%、エグゼクティブプランは年7.0%?3.0%となっています。

なおどちらのプランになるかは申込者が選ぶことはできず、審査の結果によってみずほ銀行が決定することとなります。

・書類の提出なしでの契約が可能

みずほ銀行ダイレクトからの申込、もしくは手元に通帳を用意してインターネットから申し込みを行い、融資限度額を200万円までとして申し込みを行うことで、原則書類の提出は不要で契約ができます。

・キャッシュカードの利用が可能

みずほ銀行の普通預金口座のキャッシュカードがそのままローンカードとしても使えるので、管理するカードの数が少なくて済むというメリットが有ります。

アコムでキャッシング返済終了です

我が家には、ほんの数ヶ月前まで、アコムでのキャッシングのローンがありました。

これは、うちの旦那が借りたお金です。

借りたと言っても、最初は私への婚約指輪を買うお金がなく、そのために借りたお金でした。

私自身が、結婚するときは、ちゃんと婚約指輪が欲しい。と言っていて、それをずっと聞かされていた旦那が、私のためを思って借りてくれました。

旦那の給料の約2ヶ月分をかけて、婚約指輪を作ってくれたのです。

婚約してからは一緒に住んでいたので、結局は私も一緒に返済していました。

しかし、あるとき順調に減っていた返済額が急に上がったのです。

旦那にそのことを問いただしてみると、どうやらパチンコで負けてつぎ込んでしまったようです。

順調に減っていたのに、そのときはさすがに頭にきてしまい、がっつりお説教しました。

それからまた返済していき、少し多いなと思っていた利息も下がってきて、先日無事に完済できました。

お給料が少ない旦那の稼ぎでもなんとか返済出来たので、人間やれば出来るなぁと思っています。

消費者金融の即日、それは本当に即日で借りれるのか?

消費者金融の謳い文句に最短30分とから15分とから威勢の良いことを書いていますよね。

なんだか読み方によっては、最短30分とか15分でお金が手にできそうに聞こえるから、ちょっと昼休み休憩やパチンコをしてたら食事休憩の時に借りれちゃう気がしてきます。しかし残念なことにこれは違う意味合いなのです。

30分で審査オーケーというのは、大体の消費者金融、銀行カードローンでの申告内容通りであるなら融資オーケーですよと言った仮審査の事になっています。

ホームページ上で借入希望額と属性情報を記入したら、審査完了というメールが届き、今度は契約書類や本人確認書類、場合によっては収入証明書を提出し、金融機関側は指定信用情報機関の情報を取得して本審査を行います。

本審査で落とされることもありますが、本審査は基本的に申告通りで信用情報が汚れていなければパスできます。

しかし、今度は本審査を行った後に銀行振込やカードの到着を待たないといけません。

もうお分かりですね。全て完了して融資を受けるには諸々の所で時間がかかってしまい、30分で融資まで受けれるということは稀なケースなのです。30分というのは融資が出来るかの返答だけの意味合いです。

銀行カードローンだと、カードの郵送でしか対応してくれない銀行もあり、その場合即日融資は難しいので注意してください。