キャッシングの限度額を上げるためには?

キャッシングをしたいけれども限度額により借りられなくなることがあります。

そこで知りたいのがどうすると限度額を上げることが可能なのかどうかです。

まず限度額増額ををする前にしてほしいのが、現状です。

初めて申込をした時とは違う会社に働いていたり、収入が減っているようだと増額申請をしても通らないどころか利用できなくなる可能性があります。

また、返済が遅れてしまった時があったり、他のところで金融事故を起こしていると同様に利用できなくなります。

現状が初めて利用した時よりも良い状況になっているのかどうかを今一度確かめるようにしてから検討をしてください。

そして現状が前より良かったとしても必ずしも増額されるわけではないので、その点も理解してから申込をしましょう。

総量規制の原則について覚えておきましょう

消費者金融系のキャッシングを個人で利用する際は年収の3分の1以上の借り入れはできないことになっています。総量規制と呼ばれている原則で、無担保と無保証でキャッシングを利用する際に借り入れられる金額は年収の3分1の以下となるのです。総量規制の原則は複数の消費者金融にまたがって適用されますので注意する必要があります。

年収が180万円のアルバイトの方が消費者金融でキャッシングできるのは総量規制の原則で60万円までとなりますが、既に他の消費者金融から30万円の借り入れがある場合、違う消費者金融に申し込んだとしても30万円までを限度してしか借り入れができないことになるのです。総量規制の原則は消費者金融のキャッシングに申し込む際、最大でどれくらいまで借り入れができるのかの目安にもなります。消費者金融系のキャッシングを利用する場合には総量規制の原則について覚えておきましょう。

ビジネスローンのすばやい審査通過のコツ

ビジネスローンですぐにお金を借入したいとの審査通過のコツとしては、やはり書類です。

書類に不備がないことはもちろんですが、少なくともいくらかは事業関係のための資金ですから必要な書類として事業計画のためのものが必要です。

どんなことを書けばいいのかというのは、ビジネスローンのHPなどに雛形がありますので、それを参照にするとやりやすいかと思います。

なかなかなれない作業が多いと思いますので、すぐに記入しきるというのは難しく、1日中かかってしまうようなケースもあるかもしれません。

ですが、しっかりと不備がない書類を作ることが出来れば、手続きはスムーズ無に進んでくれますので、書類の準備をしっかりとしておきましょう。

自動車購入のためカードローンを組みました

私は自動車購入のためカードローンを組みました。そのカードの独自のロードサービスなどがあったり、ポイントがついたり魅力的な部分はたくさんありますが、できるだけ利率をさげたい方は銀行ローンをおすすめします。

カードローンと違って審査が少し厳しい印象がありますが、自分が普段使っている銀行(給与振込先銀行など)や自分が住んでいる地方銀行などは店舗に直接相談もいけるので安心ですし、低金利のところが多い印象です。自動車ではなくてもお金を借りる場面はほかにもたくさんあると思いますが、利率はできるだけ低いところで借りられるのが一番ですので、ネットで検索すればたくさんカードローン・銀行ローン情報がでています。面倒くさがらずに自分に合った条件で借りられる最適なローンを選びましょう。

手軽に契約できる銀行系消費者金融「モビット」

「モビット」をご存知でしょうか。

「モビット」は、銀行系消費者金融会社です、正式な会社名は、「株式会社SMBCモビット」となります。このモビットでは、契約をする際に、公式のウェブサイト上で申し込むと、30分程度で審査をしてもらうことができます。

また、申し込みの際は、ウェブサイトだけではなく、無人契約機「すぐモビ」を利用することも可能です。モビットの「すぐモビ」は、私鉄駅構内・繁華街などに多数設置されているため、大きな都市では比較的簡単に見つけることができます。さらに、電話で申し込みをすることも可能となっています。

消費者金融の利用に興味があれば、ぜひ、「モビット」の公式サイトや、無人契約機を利用してみてはいかがでしょうか。

まっとうな消費者金融か簡単に見分ける方法

先日大阪梅田の地下街をぶらぶらしていたら、名前も聞いたことのない消費者金融があちこちで店を構えているのを発見しました。さすがナニワ金融道の大阪だなあと感心しましたが、あんなに人通りの多い中でお店に入っていく勇気は私にはありません。まあお金が必要ならそんなことを気にしていられないのかもしれませんね。

知らない人がこの手のお店を見たらまっとうな消費者金融かどうかは分かりませんが、表の看板には日本貸金業協会に加入していると書かれていました。嘘を書いてある可能性も否定できませんが、とりあえずは安心です。どうしても分からない場合、金利を聞けば確認できます。借り入れ10万円未満なら年20%、10万円以上100万円未満なら年18%が上限だと覚えておけば大丈夫です。

カードローンの有利な点

大手金融業者や銀行が提携しているカードローンの最大の特徴といえば、なんといっても土日を含んだいつでも引き出し可能な点です。中小金融業者の場合だと直接銀行口座内で振り込みや返済を行いますので銀行の営業日・時間外だといざというときに融資してもらえないわけですが、カードローンの場合は提携しているATMが設置されているコンビニでも作業ができますので本当にいつでも必要な時にお金を調達できるわけです。

それにカードローンの提供事業者はおおむね大型業者の場合がほとんどですので、融資可能額も大きめであることが多く、一時的なお金以外にも対応できるという点や、引き出しだけでなく返済も銀行の営業日に左右されないというところも魅力ですね。

キャッシングの返済の計画を考える

キャッシングでお金を借りた時にはまずは返済のことを考えるべきでしょう。借りること自体はそんなに悪いわけではなく、キチンとサービスとして提供されているわけですから、それはまったく問題ないことではあるのですが、問題となることとしてはキチンと返すことができるのか、という一点になることでしょう。そこだけはかなり注意しておくべきです。まず、返済の方法が二つあることをよく理解しておきましょう。それが約定返済であり、もう一つが随時返済になります。約定返済とは毎月の返済のことです。利息に加えて元本を減らすことができます。

まず、当然ながら利息のほうが優先されることになります。約定返済ではそこまで元本が減ることがありませんから、より効率的に、がっつりと借りたお金を減らすのであれば随時返済を積極的にやっていくことです。キャッシングで借りた時に考えることがこの随時返済を如何に多くやっていくことができるのか、ということです。それができるようになりますと利息をかなり削減できます。無駄に利息を支払うことなく、返済ができるようになります。返済計画とはつまるところ、如何に早く随時返済をしていくことができるのか、という一点に尽きるわけです。

初めての方向けのキャッシング講座

初めてお金を借りる方に、借入の条件と、消費者金融と銀行カードローンのどちらがいいかお教えします。

まずお金を借りられるのは、年齢が満20歳以上で、毎月安定した収入があることです。収入は多いに越したことはありませんが、5万円ほどでも十分審査に通ります。なお年金は法的には収入にあたりますが、金融機関によっては認められないことが注意点です。さらに学生も金融機関によっては申込めず、収入が多いのならフリーターで申込みましょう。なお専業主婦の方は、銀行カードローンのみ申込めます。

一般的に銀行カードローンの方が審査が厳しい代わりに、金利が低いという特徴があります。また銀行カードローンは総量規制の対象外なので、巨額の融資が期待できます。なおいずれにせよ初めての申込では、50万円までとなることが多いです。また50万円までなら、本人確認書類1点だけで申込めます。

では消費者金融か銀行カードローンのどちらがいいかを解説します。大手消費者金融では契約の翌日から30日以内に全額返済すれば、無利息で借入できるというサービスがあります。ですから借入が数万円で次の給料日に一括返済できるなら、大手消費者金融がオススメです。しかし10万円借りてこつこつ返済しても、年間の利息の差は3000円ほどです。この程度の差なら、審査が甘めで即日振込融資が可能な大手消費者金融の方が借りやすいでしょう。

一方公務員や有名企業にお勤めで、長くカードローンと付き合う気なら、銀行カードローンがオススメです。中には年13%を切る金利のところもあり、きちんと返済していると限度額も大きくなります。ですから審査に自信のある方は、長い目でみれば低金利で巨額の融資が期待できる銀行カードローンがオススメです。

キャッシングの金利を比較するときのポイント

キャッシングを利用するときにもっとも重視する比較ポイントはやはりそれぞれの金融機関の金利がどのくらいであるかということでしょう。キャッシングの返済を容易にするのはなるべく低金利のキャッシングを利用することが鉄則ですから当たり前のことです。そして、キャッシングの金利の比較の際によく利用されるのが金利を比較したサイトだと思いますが、キャッシングの金利は一律ではなく、どの金融機関でも金利の差はかなり大きくなっています。例えば、5%?18%などというような表示です。

この金利差は主として利用限度額によって自動的に決まっていることが多く、上記の例で言えばその金融機関の利用限度額の最高額に適用される金利であっても、利用限度額が低いということになれば18%の金利が適用されるのです。特にその金融機関でのキャッシングの利用が初めてという場合にはほとんどの場合には利用限度額は少なく設定され、従って金利も上限金利になることがほとんどですから、キャッシングの利用者が考えなければならないのは金利の下限よりも、いかに上限が低いかということです。たとえ少しの違いであっても金利が返済には大きな影響がありますから、なるべく上限金利の低い金融機関から検討すべきです。